無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 調布市下石原にて棟の取り直し工事と雪止めの設置工事を行わせて.....

調布市下石原にて棟の取り直し工事と雪止めの設置工事を行わせていただきました

【施工前】
施工前

【施工後】
施工後

【お問い合わせのきっかけ】


担当:木下


 調布市下石原にてご実家の瓦のズレが気になるとのことでお問い合わせいただきましたので調査に行ったことが工事のきっかけとなりました。
 
 既存の屋根材は釉薬瓦で、棟瓦を抑える銅線が切れてしまっていることでずれが生じておりました。

 工事の際に足場の仮設が必要な旨をお伝えしたところ、雪止めの設置についてもご相談されましたので一緒に行うことになりました。

 瓦屋根のお家はよくメンテナンスフリーといわれますが、漆喰や下葺き材などメンテナンスしなければならない部分は多くあります。

 漆喰は経年劣化を起こしてしまいますと剥がれ落ちてきて、棟瓦自体のずれに直結いたしいます。漆喰の寿命は20年前後になりますので、定期的にメンテナンスを行うようにいたしましょう。

 新規の漆喰として使用したのは馬場商店のシルガードです。シルガードは南蛮漆喰のといわれる部類の漆喰で、シリコンを配合しておりますので撥水性が高く、水を吸収しにくい漆喰になっております。また、葺き土の代わりにも使えますし、重さも通常の漆喰を使用して納めるより軽くなります。

 お客様にも確認いただき職人さんが丁寧に作業してくれていたと仰っていただきました。
 調布市下石原にてご実家の瓦のズレが気になるとのことでお問い合わせいただきましたので調査に行ったことが工事のきっかけとなりました。
 
 既存の屋根材は釉薬瓦で、棟瓦を抑える銅線が切れてしまっていることでずれが生じておりました。

 工事の際に足場の仮設が必要な旨をお伝えしたところ、雪止めの設置についてもご相談されましたので一緒に行うことになりました。

 瓦屋根のお家はよくメンテナンスフリーといわれますが、漆喰や下葺き材などメンテナンスしなければならない部分は多くあります。

 漆喰は経年劣化を起こしてしまいますと剥がれ落ちてきて、棟瓦自体のずれに直結いたしいます。漆喰の寿命は20年前後になりますので、定期的にメンテナンスを行うようにいたしましょう。

 新規の漆喰として使用したのは馬場商店のシルガードです。シルガードは南蛮漆喰のといわれる部類の漆喰で、シリコンを配合しておりますので撥水性が高く、水を吸収しにくい漆喰になっております。また、葺き土の代わりにも使えますし、重さも通常の漆喰を使用して納めるより軽くなります。

 お客様にも確認いただき職人さんが丁寧に作業してくれていたと仰っていただきました。


担当:木下


【工事内容】
雪止め設置
【工事詳細】
使用材料
馬場商店 シルガード(白)
施工期間
5日間(足場の架け払い含む)
築年数
築30年以上
平米数
棟:12.6m、雪止め:25.2m
施工金額
詳しくはお問い合わせください
お施主様
K様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
保証はお付しておりません
【工事内容】
雪止め設置
【工事詳細】
使用材料
馬場商店 シルガード(白)
施工期間
5日間(足場の架け払い含む)
築年数
築30年以上
平米数
棟:12.6m、雪止め:25.2m
施工金額
詳しくはお問い合わせください
お施主様
K様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
保証はお付しておりません

棟瓦を止めている銅線が切れておりました

 調布市下石原にご実家のあるK様よりお問い合わせいただき、屋根の調査を行ったことが工事のきっかけでした。

 まずは調査の際の様子のご紹介をさせていただきます。既存の屋根材はでした。単に瓦といってもいくつか種類があります。今回の物は釉薬瓦という瓦材でした。他にもセメント瓦やモニエル瓦などもございます。釉薬瓦は日本古来の瓦で厚みがありますので耐久性に優れた屋根材です。

大棟 銅線の切れ

 そのため瓦はメンテナンスフリーとよく言われますがあくまでも屋根材のメンテナンスが少ないという訳なのです。漆喰や防水紙という言った部分のメンテナンスは必要になりますのでご注意ください。

切妻屋根

 棟瓦の部分を確認させていただきましたが、固定をするための銅線が切れてしまっており、若干のずれが生じてしまっておりました。押さえの利かなくなってしまった棟瓦は風の影響でずれて最悪の場合落ちてしまう可能性もございます。

 瓦は重量がありますので屋根の高さから落ちて物や人に当たってしまっては大事故につながってしまってしまいます。

釉薬瓦 瓦のズレ

 瓦本体のずれも生じておりました。連鎖的にずれてしまっていたので、完全に修正する場合には瓦の葺き直し工事が必要になります。

 今回は築年数を考慮してお客様のご希望に沿って棟の取り直し工事を行わせていただくことになりました。また、工事の際には足場の仮設をさせていただきましたのでそれに合わせて雪止めの設置のご用命も頂きました。

棟の解体を行っていきます

 棟の解体作業の様子です。

 まず既存の冠瓦、のし瓦を取り外し、葺き土の撤去を行ってまいります。冠瓦、のし瓦は再利用いたしますので割らないように注意が必要です。

葺き土の撤去 大棟バラシ

 ここで職人さんの使用している便利アイテムの紹介です。下の写真で使用しているのが塵取りのようなものなのですが、瓦にぴったりとはまるようにできており、清掃しやすい形状になっております。

 瓦の屋根は特に凹凸がすごいので清掃がしにくいのですが、こういった道具を使って効率的に作業を進めていきます。先人の知恵は偉大ですね。

撤去の際の便利アイテム

 下の写真ですが、のし瓦になります。左のものと右の物は同一のもので、左の瓦の真ん中に線が入っているのがお判りになりますでしょうか。この部分をたたいて割ることで右のような形状になります。瓦割に使用される瓦もこののし瓦が多く、真ん中が綺麗に割れるのはもともと切り込み線が入っているからなのです。

切れ目がはいっております のし瓦

 つづいて冠瓦です。名前の通り、棟瓦のてっぺんに設置する瓦で形状によって名前が若干異なります。

冠瓦

 棟の解体が終了したら雪止めの設置を行ってまいります。

雪止めの設置を行っていきます

 スレートや金属屋根の場合は雪止めの後付けは難しいのですが、瓦屋根の場合は雪止めの後付けが容易です。一部瓦を剥がして雪止めを設置していきます。ビスで固定しましたので、ビス穴周りはシールで補修して納めました。

雪止め 瓦を戻していきます

 雪止めの設置完了です。

雪止め設置完成

棟の取り直し工事を行っていきます

 それでは棟の取り直しを行ってまいります。

 使用した材料は馬場商店のシルガード(白)です。シルガードには白と黒があり、棟瓦など目につく部分の施工は白を使用することが多いです。

シルガード

 シルガードを敷き詰めた上にのし瓦を乗せていき更に重ねていきます。

葺き土の代わり かぶせて

 一段目の施工が終了いたしました。のし瓦を重ねる際に気を付けたいことは、下に詰める漆喰の量です。あまり多く詰めてしまいますとのし瓦から流れてきた雨水が漆喰の上部から侵入して劣化を早めてしまったり、雨漏りの原因にもなってしまう恐れがあります。漆喰を詰める際には適量で納めるようにいたしましょう。

鬼瓦設置

 続いて二段目を重ねていきます。この際にステンレス線を出して以降ののし瓦を固定していきます。

2段目の設置

積み終わりました

 のし瓦を積み終えたら冠瓦を重ね、鬼瓦を設置し固定したら工事完了です。

鬼瓦部分 銅線

 既存のものと異なり、ステンレス線を内部より回して固定しておりますので、不意に物が飛んできて切れてしまったり、雨風による経年劣化も抑えることができます。

完成

 施工が完了しお客様にご報告をした際に職人さんが丁寧に仕事してくれていたので良かったとおっしゃっていただけました。暑い中作業してくれた職人さんに感謝です。

 棟の取り直し工事は税込12,100円/mから承っております。屋根の形状、勾配等によって価格は変動いたしますので詳しくはお問い合わせください。

 私達、街の屋根やさんでは新型コロナウイルス感染拡大防止対策としてマスクの着用を徹底しております。何かお困りごとございましたら安心してご相談ください。

 記事内に記載されている金額は2022年07月08日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

このページに関連するコンテンツをご紹介

瓦屋根の方へ、漆喰詰め直し・漆喰取直しで長寿命な屋根を目指しましょう

瓦屋根の方へ、漆喰詰め直し・漆喰取直しで長寿命な屋根を目指しましょう

 漆喰の歴史は古く、約5000年前から世界中で使われています。瓦や石材の接着、目地の充填、壁の上塗りなど漆喰は様々な場面に用いられてきました。日本が世界に誇る世界遺産「姫路城」、その白鷺と形容される美しい白壁にも漆喰が用いられています。 瓦屋根では瓦の固定や接着に漆喰が用いられています。この漆喰…続きを読む
落雪防止の雪止め設置は後からも可能!4つの雪止めタイプをご紹介

落雪防止の雪止め設置は後からも可能!4つの雪止めタイプをご紹介

「雪止め」についての漫画コンテンツはこちら 漫画で読むならコチラ 動画で見るならコチラ 【動画で確認「落雪防止の雪止め設置」】 長い文章のページとなっていますので、内容を動画でもまとめています。動画で見たいという方はこちらをご覧くださ…続きを読む

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 神奈川県 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

このページと共通する工事内容の新着施工事例

葛飾区立石で急勾配コロニアル屋根にIG工業スーパーガルテクトを使って屋根カバー工事を行いました

【施工内容】

屋根カバー工法、雪止め設置、ガルバリウム鋼板

練馬区下石神井でテラスへ雪止めを設置しました

【施工内容】

雪止め設置

日野市豊田で落雪被害を防止するため、防災瓦へ後付け雪止めを追加設置しました

【施工内容】

雪止め設置

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求
点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お電話でのお問い合わせは0120-989-936へ。8時半から20時まで受付中!メールでのお問合せは24時間受付中。

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る