無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 狛江市岩戸南でセメント瓦の棟取り直し工事で雨漏りのリスクを軽.....

狛江市岩戸南でセメント瓦の棟取り直し工事で雨漏りのリスクを軽減しました

【施工前】
工事前

【施工後】
棟取り直し工事が完成

【お問い合わせのきっかけ】


担当:富田


 狛江市岩戸南で瓦屋根の棟取り直し工事をおこないました。
 瓦葺き屋根は瓦自体の耐久性が高いのでメンテナンスが必要無いとお考えの方もいらっしゃると思いますが、実際には定期的なメンテナンスが必要になります。
 棟に詰めてある漆喰の劣化、瓦の下に葺いてある防水紙の劣化は瓦屋根でも必要で、瓦自体が土て出来ている陶器瓦ではなく、セメントを瓦の形状に成型したセメント瓦などは塗装工事をおこなわないと瓦自体が劣化してしまいます。
 今回工事をおこなった屋根はセメント瓦葺きで、塗装工事は殆どおこなわれておりません。セメント瓦は現在ほとんど製造されておりませんので、今後のメンテナンスは葺き替え工事となりますが、今回は現状で気になる棟瓦の漆喰の割れや剥がれを直すために取り直し工事をおこなう事になりました。
 通常は土を下地として熨斗瓦(のしかわら)を積んでいき最後に丸い冠瓦を乗せるのですが、棟取り直し工事では土の替わりに下地も漆喰(南蛮漆喰)を使用しますので、土の外側に漆喰を詰めたときと違い剥がれたり浮いたりする心配は無くなります。使用した南蛮漆喰のシルガードは、昔からの漆喰よりも施工性と耐久性・撥水性を高めており、今回の様な改修工事の際にはお勧めの材料です。
 大幅な瓦のずれなどはありませんでしたが、棟取り直し工事で下地から新しくなり工事後は安心できる様になったとお客様にも大変喜んでいただけました。
 私たち街の屋根やさんでは、新型コロナウイルス対策としてマスク着用・アルコール消毒の徹底、オンラインでの打合せにも対応しておりますので、安心して工事をお任せください。
 
 狛江市岩戸南で瓦屋根の棟取り直し工事をおこないました。
 瓦葺き屋根は瓦自体の耐久性が高いのでメンテナンスが必要無いとお考えの方もいらっしゃると思いますが、実際には定期的なメンテナンスが必要になります。
 棟に詰めてある漆喰の劣化、瓦の下に葺いてある防水紙の劣化は瓦屋根でも必要で、瓦自体が土て出来ている陶器瓦ではなく、セメントを瓦の形状に成型したセメント瓦などは塗装工事をおこなわないと瓦自体が劣化してしまいます。
 今回工事をおこなった屋根はセメント瓦葺きで、塗装工事は殆どおこなわれておりません。セメント瓦は現在ほとんど製造されておりませんので、今後のメンテナンスは葺き替え工事となりますが、今回は現状で気になる棟瓦の漆喰の割れや剥がれを直すために取り直し工事をおこなう事になりました。
 通常は土を下地として熨斗瓦(のしかわら)を積んでいき最後に丸い冠瓦を乗せるのですが、棟取り直し工事では土の替わりに下地も漆喰(南蛮漆喰)を使用しますので、土の外側に漆喰を詰めたときと違い剥がれたり浮いたりする心配は無くなります。使用した南蛮漆喰のシルガードは、昔からの漆喰よりも施工性と耐久性・撥水性を高めており、今回の様な改修工事の際にはお勧めの材料です。
 大幅な瓦のずれなどはありませんでしたが、棟取り直し工事で下地から新しくなり工事後は安心できる様になったとお客様にも大変喜んでいただけました。
 私たち街の屋根やさんでは、新型コロナウイルス対策としてマスク着用・アルコール消毒の徹底、オンラインでの打合せにも対応しておりますので、安心して工事をお任せください。
 


担当:富田


【工事内容】
瓦屋根補修工事 棟瓦取り直し 
【工事詳細】
使用材料
シルガード
施工期間
1日
築年数
25年
平米数
12m
施工金額
詳しくはお問合せください
お施主様
M様邸
保証年数
3年
【工事内容】
瓦屋根補修工事 棟瓦取り直し 
【工事詳細】
使用材料
シルガード
施工期間
1日
築年数
25年
平米数
12m
施工金額
詳しくはお問合せください
お施主様
M様邸
保証年数
3年
棟瓦取り直し

現地調査

大きなずれはありません 漆喰の詰め直し

お問合せいただいた屋根の棟の状態です。

屋根はセメント瓦葺きで、表面の塗膜が劣化して剥がれているのでセメント素材がむき出しになっています。セメント瓦は塗装工事でのメンテナンスが必要なので、塗膜が無い事で雨が降っても雨水を弾く撥水性が無くなってしまいます。セメント瓦自体が雨水を吸う様になると、瓦の耐久性が落ちてしまい割れやすくなりますので、スレート屋根などと同じように定期的な塗装工事が必要な屋根材です。

鬼瓦回りの状況 防水紙の状態

棟部分はズレたりしておらず、漆喰の剥がれもそれほど酷くありませんので、メンテナンスをおこなうには少しは止めですが被害が拡大する前におこなえるので良いタイミングだと思います。

瓦の下に葺いてある防水紙も劣化していますが、今のところ切れたり捲れたりしている所はありませんでした。

全体的には瓦の表面劣化以外は状態はそれほど悪くはありませんが、棟瓦が崩れてしまうと雨漏りに繋がるなど被害が大きくなってしまいますので、早めのメンテナンスとして棟瓦の漆喰詰め直し工事をおこなう事になりました。

棟取り直し工事開始

棟瓦の撤去

棟瓦の漆喰の剥がれを直す詰め直し工事をおこなうのですが、熨斗瓦(のしかわら)と桟瓦の隙間が小さいので、瓦を一旦取り外して下地を作り直してから瓦を戻す、棟取り直し工事をおこないます。

一番高いところに積んである丸い冠瓦(かんむりかわら)を取り外していきます。

棟瓦の撤去 冠瓦を撤去します

その下に平たい瓦が積んであり(のし瓦)ますので、のし瓦も撤去して下地を出していきます。下地には雨水はほどんと回っておらず状態は比較的良い方でした。

古い漆喰の撤去 土を剥がします

のし瓦の下に詰めてある葺き土と漆喰を剥がして下地が見えてきました。

左右から葺かれてきた瓦同士がぶつかるところで、このままの状態では雨が降ると大量の雨水が瓦の下に流れ込んでしまう事になります。瓦の下に流れた雨水を防ぐために防水紙(ルーフィング)が葺いてありますが、経年劣化によるヒビ割れや裂け、瓦をひっかけるために横向きに打ち付けてある瓦桟で雨水がせき止められてしまう事も有りますので、出来るだけ雨水を瓦の裏側に回らない様にする必要があります。

棟はそのために積まれれていますので、劣化して崩れてしまうまえに元の状態に戻す必要があります。

シルガード

南蛮漆喰のシルガード

新しい漆喰としてシルガードを使用します。これは南蛮漆喰になるのですが、漆喰にシリコンや防水材を配合しているために、耐久性が高く施工もしやすいため、今回の様な改修工事には最適な材料です。

土台作り

シルガードで下地作り シルガードの下地

元々は葺き土の外側に漆喰を塗って仕上げてありましたが、新しいものは葺き土と漆喰を一体にした納め方にしています。下地が一体になっていますので漆喰だけが剥がれるという症状がおこる事も有りません。

瓦を元に戻します

のし瓦を積みます

シルガードで土台を作りましたので、取り外した瓦を元の状態に戻していきます。

側面は先に金ゴテで仕上げており、位置を出すための糸を張っています。この糸に沿って瓦を戻しますので左右にズレる事が無く綺麗に仕上げることが出来ます。

シルガードの上に熨斗瓦を乗せます 熨斗瓦の一段目

のし瓦は全部で3段あります。

のし瓦の高さが建物のステータスになっている事も有りますが、あまり高く積んであると風や地震などの影響を受けやすくなってしまいます。都心部では3段位の段数が平均的です。

のし瓦が積み終わりました

のし瓦が積み終わりました。

この後は一番最初に取り外した冠瓦を乗せていけば作業は完了です。セメント瓦は現在では殆ど製造されておりませんので、作業中は破損させない様に最新の注意を払って作業を進めていきます。

もう少しで終わります 冠瓦を乗せます

のし瓦の上にシルガードを乗せていき冠瓦を戻します。

棟部分だけでも結構な量の漆喰を使用します。逆を言えば古い漆喰や土を剥がした廃材も結構な量が出ますので、荷物の上げ下ろしも併せて必要になりますので、その点も含めてお見積もりを作成しております。

棟取り直し工事完成

鬼瓦回りの納め 新しい銅線で縛ります

棟を積み直し、棟瓦の取り直し工事が完成しました。銅線で棟をグルっと囲う様に縛る事で瓦のズレを防いでいます。

棟取り直し完成

元々状態はそれほど酷くありませんでしたが、今回の棟取り直し工事によって今後も崩れる心配は殆ど無くなり、お客様にもこれでしばらく安心できると大変喜んでいただけました。

棟取り直し工事は、のし瓦の段数や棟の位置によって費用が変わりますが、1m当たり12,100円(税込)から承っておりますので、まずはお気軽にご相談ください。

私たち街の屋根やさんでは、新型コロナウイルス対策としてマスク着用・アルコール消毒の徹底、オンラインでの打合せにも対応しておりますので、安心して工事をお任せください。

 記事内に記載されている金額は2022年04月14日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

このページに関連するコンテンツをご紹介

瓦屋根の方へ、漆喰詰め直し・漆喰取直しで長寿命な屋根を目指しましょう

瓦屋根の方へ、漆喰詰め直し・漆喰取直しで長寿命な屋根を目指しましょう

 漆喰の歴史は古く、約5000年前から世界中で使われています。瓦や石材の接着、目地の充填、壁の上塗りなど漆喰は様々な場面に用いられてきました。日本が世界に誇る世界遺産「姫路城」、その白鷺と形容される美しい白壁にも漆喰が用いられています。 瓦屋根では瓦の固定や接着に漆喰が用いられています。この漆喰…続きを読む
セメント瓦とモニエル瓦、塗り替えを必要とする瓦の最適なメンテナンス方法

セメント瓦とモニエル瓦、塗り替えを必要とする瓦の最適なメンテナンス方法

 一般的な日本家屋に使用される陶器瓦と比較しても価格の安いセメント瓦やモニエル瓦。これらの瓦は高度経済成長期の住宅不足を解消する一端を担い、1980年代から1990年代にかけて国内で広く普及しました。 現在ではすっかり影をひそめ、新築でも使用されることがなくなり、手に入れることも困難になってきた屋根…続きを読む
粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

  古くから使用されている屋根材、それはなんといっても「瓦」でしょう。皆さんが瓦と言ってイメージするのは寺社仏閣のような和風建築のものですか?それとも地中海風の建物に見られるオレンジ色のグラデーションのかかった屋根でしょうか?瓦屋根はその形状により分類もできますし、使用している材質によっても分類でき…続きを読む
街の屋根やさん多摩川
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒182-0025
        東京都調布市多摩川3-68-1
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん多摩川支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      台東区橋場にて瓦屋根の棟の漆喰の剥がれやのし瓦のズレが発生していましたので棟取り直し工事を実施し解消

      【施工内容】

      瓦屋根工事、棟瓦取り直し 、漆喰取り直し

      足立区青井で棟の取り直し工事、漆喰材はシルガードを使用して施工致しました

      【施工内容】

      棟瓦取り直し 、漆喰詰め直し

      江東区富岡で店舗入り口庇の瓦屋根を、新しい瓦への葺き替え工事を行いました

      【施工内容】

      瓦屋根工事、屋根葺き直し、棟瓦取り直し 

      その他の施工事例一覧→

      狛江市と近隣地区の施工事例のご紹介

      狛江市元和泉にて屋根の葺き替え工事と一緒に雨樋の交換工事を行いました

      【施工内容】

      雨樋交換

      世田谷区成城で漆喰が剥がれた棟瓦の取り直し工事と雪止め工事

      【施工内容】

      瓦屋根工事

      狛江市元和泉にてスレートからエコグラーニへの葺き替え工事を行いました

      【施工内容】

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求
      新型コロナウィルス
      対策について
      オンラインでの無料相談・ご提案について
      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る