無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 八王子市北野台で強風で飛ばされた棟板金を樹脂製の貫板を使用し.....

八王子市北野台で強風で飛ばされた棟板金を樹脂製の貫板を使用して交換工事

【施工前】
棟板金が飛ばされた状態

【施工後】
棟板金交換工事が完成

【お問い合わせのきっかけ】


担当:富田


 八王子市北野台で棟板金交換工事をおこないました。
 お問合せのきっかけは、強風で棟板金が飛ばされてしまったので見て欲しい、という事でした。調査にお伺いすると落下した棟板金が置いてあり、道路の方まで飛ばされていたのをご近所の方に教えてもらったそうで、現在は屋根の棟板金が無い状態になっていました。
 この状態で雨が降ると雨漏りに繋がってしまいますので、工事までのあいだ雨水が入り込まない様に防水テープを貼って仮養生をおこないました。
 棟板金が飛ばされたのは強風によるものですが、根本の原因は棟板金の下地になっている貫板の腐食です。スレート葺き屋根はスレートを葺いた後に棟部分の両脇に貫板を打ち付けて棟板金を被せます。被せた棟板金の横から釘を打って固定しているのですが、経年による木の痩せや雨水が回ってしまう事で貫板が腐食してしまい、釘の緩みや抜けが起きてしまう事で固定が弱くなり、風の影響を受けやすくなってしまいます。
 貫板は木が使用されておりますので、必ず経年により劣化が進んでいきますので、新しく交換する棟板金は貫板に木ではなく樹脂製の物を使用します。樹脂製の貫板は雨による腐食や経年による痩せなどもありませんので、固定が緩んでしまう事もありません。また、棟板金の固定にも元々は釘が使われていましたが新しい物にはビスを使用しますので、更に強固な固定にすることが出来ます。
 屋根自体は切り妻屋根ですが、棟部分が段違いになっていますので一番端部分も加工して折り曲げて屋根本体と一体化しました。
 今後は屋根全体のメンテナンスが必要になってきますが、今回の棟板金交換工事で棟部分が風による影響を受けにくくすることが出来ましたので、今回の様に飛ばされる心配も無くなり安心していただけるようになりました。
 私たち街の屋根やさんでは、新型コロナウイルス対策としてマスク着用・アルコール消毒の徹底、オンラインでの打合せにも対応しておりますので、安心して工事をお任せください。
 
 八王子市北野台で棟板金交換工事をおこないました。
 お問合せのきっかけは、強風で棟板金が飛ばされてしまったので見て欲しい、という事でした。調査にお伺いすると落下した棟板金が置いてあり、道路の方まで飛ばされていたのをご近所の方に教えてもらったそうで、現在は屋根の棟板金が無い状態になっていました。
 この状態で雨が降ると雨漏りに繋がってしまいますので、工事までのあいだ雨水が入り込まない様に防水テープを貼って仮養生をおこないました。
 棟板金が飛ばされたのは強風によるものですが、根本の原因は棟板金の下地になっている貫板の腐食です。スレート葺き屋根はスレートを葺いた後に棟部分の両脇に貫板を打ち付けて棟板金を被せます。被せた棟板金の横から釘を打って固定しているのですが、経年による木の痩せや雨水が回ってしまう事で貫板が腐食してしまい、釘の緩みや抜けが起きてしまう事で固定が弱くなり、風の影響を受けやすくなってしまいます。
 貫板は木が使用されておりますので、必ず経年により劣化が進んでいきますので、新しく交換する棟板金は貫板に木ではなく樹脂製の物を使用します。樹脂製の貫板は雨による腐食や経年による痩せなどもありませんので、固定が緩んでしまう事もありません。また、棟板金の固定にも元々は釘が使われていましたが新しい物にはビスを使用しますので、更に強固な固定にすることが出来ます。
 屋根自体は切り妻屋根ですが、棟部分が段違いになっていますので一番端部分も加工して折り曲げて屋根本体と一体化しました。
 今後は屋根全体のメンテナンスが必要になってきますが、今回の棟板金交換工事で棟部分が風による影響を受けにくくすることが出来ましたので、今回の様に飛ばされる心配も無くなり安心していただけるようになりました。
 私たち街の屋根やさんでは、新型コロナウイルス対策としてマスク着用・アルコール消毒の徹底、オンラインでの打合せにも対応しておりますので、安心して工事をお任せください。
 


担当:富田


【工事内容】
棟板金交換 ガルバリウム鋼板
【工事詳細】
使用材料
樹脂製貫板,ガルバリウム鋼板製棟板金
施工期間
1日
築年数
40年
平米数
12m
施工金額
詳しくはお問合せください
お施主様
S様邸
保証年数
3年
【工事内容】
棟板金交換 ガルバリウム鋼板
【工事詳細】
使用材料
樹脂製貫板,ガルバリウム鋼板製棟板金
施工期間
1日
築年数
40年
平米数
12m
施工金額
詳しくはお問合せください
お施主様
S様邸
保証年数
3年
棟板金交換

現地調査

落下した棟板金 棟板金に釘が残っています

 お問合せのあった棟板金が飛散した状況を確認します。

 先日の強風により棟板金が飛ばされてしまったというのがお問合せの内容で、どのような状況になっているのかを確認していきます。お庭に落下していたという棟板金がウッドデッキの上に置いてありました。剥がされた棟板金を確認すると釘がそのままになって、強風によって剥がされてしまった状況が確認出来ます。

棟板金が無くなっています

 屋根に上って確認すると、棟板金が剥がされていて下地の貫板がむき出しになっているのが見えます。

 棟板金は、屋根面と屋根面が合わさった部分にかぶせるように取り付けてある板金で、スレートを葺いた後に下地になる貫板を打ち付けてから棟板金を被せて釘を打って固定していきます。

飛散した部分 隙間から雨が入り込みます

 貫板を確認すると気が黒ずんでいるのが分かります。木製の貫板は経年による痩せや、雨水による腐食などによって黒くなっていきます。よく見ると端の方の貫板が割れているのも見えます。

釘が持ち上がった跡があります 釘が抜けています

 左の画像が屋根の北側です。釘穴の後がありますが、上に向かって裂けているのがお分かりいただけますでしょうか。棟板金に釘が残っていましたので、板金が持ち上げられて剥がれたことがわかります。

 右側の画像は南面になるのですが、北面と違い釘穴が綺麗な状態になっています。棟板金が飛ばされた強風は北風で、北面の板金が持ち上がって南側はスポッと釘が抜けるように外れてしまった様です。

他の部分

 飛ばされていない部分の棟板金もサビが大分広がっていて、遠目からみるとわからないのですが固定が甘い部分があります。

他の部分も釘が浮いています 防水テープで仮養生

 全体的に釘が浮いている状態になっていて、貫板が劣化していることが想定できます。今回の強風では飛ばされていませんが、今後同じような風が吹いたときには残っている棟板金も飛ばされてしまう可能性がありますので、棟板金を全て交換することになりました。

 工事までのあいだ棟板金が無いことによって雨漏りのリスクを軽減するために、貫板と貫板の間に防水テープを貼っておきます。この真下は屋根材は無く防水紙(ルーフィング)が見えている状態ですので、防水テープを貼るだけでも工事までのあいだは防水効果が期待できます。

棟板金交換工事開始

剥がした棟板金と貫板 ドローンで上から撮影

 棟板金交換工事は、棟板金だけでなく下地の貫板の交換もおこなっていきます。どちらかといえば、板金を交換するというよりは傷んだ貫板を交換する事が大きな目的になります。

 板金を新しくしても貫板が劣化しているとしっかりとした固定が出来ませんので、棟板金交換工事は貫板も一緒に交換するのが必須となります。

雨水の侵入を防ぎます 防水紙の劣化

 貫板を剥がすとスレート同士の境目が見えます。防水紙が劣化しているとここから雨漏りしてしまいますので、棟板金を被せて雨水が入らない様にしていきます。

樹脂製の貫板

樹脂製の貫板

 元々は木製の貫板が使用されていましたが、交換するのは樹脂製の貫板を使用します。木製のものは経年によって痩せたり雨によって腐食する心配もありませんので、固定が緩くなる心配もなくなります。

棟板金の加工

端部分は加工していきます カット

 棟板金の取り付けは、取り付ける場所に合わせて加工しながら取り付けしていきます。まずは適切な長さにカットします。

細かな作業です 折り曲げます

 棟違いになっている部分で、現在加工しているのは破風にぶつかる部分です。カットした板金を折り曲げて箱状に加工していきます。

加工完成

 破風の取り合い部分に納まる様に加工が完了です。雨水が入り込まない様に板金を収めてシールで止水していきます。

棟板金の端の取り付け 折り曲げていきます

 ここは棟板金の端の部分です。樹脂製の貫板を固定した後に板金を被せていきます。端の部分は折り曲げて固定します。

まずは固定 ビスで固定します

 元々の棟板金は木製の貫板に釘を打ち付けて固定してありましたが、新しい棟板金は樹脂製の貫板にビスを使用して固定します。ビス(ねじ)は釘と近い抜けに強いので、今回の様に抜けたり浮いたりする心配はありません。

 樹脂製の貫板も経年による劣化はありませんので痩せる事もなく、しっかりと固定する事が出来ます。

挟み込んで固定します

隅だしして加工します

 折り曲げる部分に線を出していきます。なるべくビスなどを使用せずに折り曲げて納めることで影響を受けにくくすることが出来ます。

折り曲げて挟み込みます 反対側も折り曲げます

 適切な長さにカットした後に隅出しした位置で『ツカミバシ』という工具を使って折り曲げていきます。

棟板金取り付け完成

 折り曲げた板金をケラバの板金に挟み込んで完成です。横からビスで貫板に固定し、端の部分はケラバの板金に挟み込んで納めてありますので、しっかりと固定する事が出来ました。

汚れを清掃して完成です

足跡が付いています 綺麗に清掃

 板金を固定する際に踏みつけていますので、棟板金に付いた足跡を綺麗に清掃していきます。

棟板金交換完了 下地から新しくなりました

 表面をきれいに掃除して工事完了です。

 劣化していた貫板も新しい樹脂製の物に交換し、釘ではなくビスで固定しておりますので、強風が吹いても安心できる状態になりました。

 屋根自体の劣化は進んでおりますので、今後は屋根全体のメンテナンスの検討をご提案しました。

 私たち街の屋根やさんでは、新型コロナウイルス対策としてマスク着用・アルコール消毒の徹底、オンラインでの打合せにも対応しておりますので、安心して工事をお任せください。

 

 記事内に記載されている金額は2022年01月07日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

このページに関連するコンテンツをご紹介

【最新版】火災保険が適用される屋根修理

【最新版】火災保険が適用される屋根修理

 保険が適用される屋根工事、ってどういうことをイメージされるでしょうか? 特にそれが「火災保険」となると「屋根修理に使えるの?」と繋がらないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?昨今は大型台風の上陸、そしてそれらの被害が頻発したことにより火災保険という名前や保険の支払い規模の大きさなどがメ…続きを読む
棟板金の飛散がご心配な方へ、棟板金交換工事でお悩み解決!

棟板金の飛散がご心配な方へ、棟板金交換工事でお悩み解決!

 毎年9月、10月の台風の時期になると特に増えるお問い合わせがあります。それは「棟板金交換」です。こちらのページをお読みの方でも「屋根の上から異音がする」など屋根の上の異変に不安を抱えていらっしゃる方はいらっしゃいませんでしょうか?台風に限らず春一番や竜巻、木枯らしなど突発性の強風でも被害を受けるこ…続きを読む

このページに関連する漫画コンテンツ動画をご紹介

漫画で読むならコチラ

動画で見るならコチラ

街の屋根やさん多摩川
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒182-0025
        東京都調布市多摩川3-68-1
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん多摩川支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      豊島区駒込にて釘浮きが発生している棟板金の交換工事を実施、下地材に樹脂製貫板を使用致しました

      【施工内容】

      棟板金交換

      国分寺市栄町で浮き上がった棟板金を樹脂製貫板に交換工事

      【施工内容】

      棟板金交換

      豊島区千早にて棟板金交換工事と日本ペイントのファインパーフェクトベスト(色はブラウン)を使用した屋根塗装工事を実施

      【施工内容】

      棟板金交換、屋根塗装

      その他の施工事例一覧→

      八王子市と近隣地区の施工事例のご紹介

      八王子市小門町にてグリシェイドNEOからスーパーガルテクトへの屋根の葺き替え工事を行いました

      【施工内容】

      金属屋根葺き替え工事

      八王子市大船町にてスレートから石粒付きのディプロマットスターへ屋根の葺き替え工事を行いました

      【施工内容】

      金属屋根工事

      町田市木曽東にて、古くなり浮きが生じてしまった棟板金の交換工事を行いました

      【施工内容】

      棟板金交換

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求
      新型コロナウィルス
      対策について
      オンラインでの無料相談・ご提案について
      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る