無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 品川区中延で防水の劣化が雨漏りの原因でウレタン防水と笠木交換.....

品川区中延で防水の劣化が雨漏りの原因でウレタン防水と笠木交換工事をおこないました

【施工前】
雨漏りしているバルコニーの状態

【施工後】
雨漏り修理工事完成

【お問い合わせのきっかけ】


担当:富田


 品川区中延で雨漏りでお困りの建物の工事をおこないました。
 小さなバルコニーの下で雨漏りしているのですが、原因は防水の劣化でした。ウレタン防水が施工されていましたが雨水が入り込んで防水層が膨れていました。防水層の下にはモルタルが打ってありますが、クラックも入っていましたので、ここから雨水が入って雨漏りしていました。
 笠木部分からも雨漏りしている可能性があります。笠木の下の防水処理がどの様になっているのかが確認出来ませんので、笠木を取り外して床と一体の防水層にする必要があります。
 膨れた部分を切除してからカチオンフィラーで下地調整をおこないます。壁際の端部にはオートンクイックシーラントという防水下地用のコーキングを打って雨水が入り込むのを防ぎます。床面と笠木の下をウレタン塗膜防水で覆ってからガルバリウム鋼板製の笠木を取り付けました。
 床面の不具合も直り笠木の下に入り込んだ雨水の防水処理も出来ましたので、雨漏りの可能性が無くなり安心出来る様になりました。
 私たち街の屋根やさんでは、新型コロナウイルス対策としてマスク着用・アルコール消毒を徹底しておりますので、安心して工事をお任せください。
 品川区中延で雨漏りでお困りの建物の工事をおこないました。
 小さなバルコニーの下で雨漏りしているのですが、原因は防水の劣化でした。ウレタン防水が施工されていましたが雨水が入り込んで防水層が膨れていました。防水層の下にはモルタルが打ってありますが、クラックも入っていましたので、ここから雨水が入って雨漏りしていました。
 笠木部分からも雨漏りしている可能性があります。笠木の下の防水処理がどの様になっているのかが確認出来ませんので、笠木を取り外して床と一体の防水層にする必要があります。
 膨れた部分を切除してからカチオンフィラーで下地調整をおこないます。壁際の端部にはオートンクイックシーラントという防水下地用のコーキングを打って雨水が入り込むのを防ぎます。床面と笠木の下をウレタン塗膜防水で覆ってからガルバリウム鋼板製の笠木を取り付けました。
 床面の不具合も直り笠木の下に入り込んだ雨水の防水処理も出来ましたので、雨漏りの可能性が無くなり安心出来る様になりました。
 私たち街の屋根やさんでは、新型コロナウイルス対策としてマスク着用・アルコール消毒を徹底しておりますので、安心して工事をお任せください。


担当:富田


【工事内容】
雨漏り修理 防水工事
【工事詳細】
使用材料
ウレタン防水,ガルバリウム鋼板製笠木
施工期間
6日間(足場含む)
築年数
23年
平米数
5㎡
施工金額
詳しくはお問合せください
お施主様
H様邸
保証年数
3年
【工事内容】
雨漏り修理 防水工事
【工事詳細】
使用材料
ウレタン防水,ガルバリウム鋼板製笠木
施工期間
6日間(足場含む)
築年数
23年
平米数
5㎡
施工金額
詳しくはお問合せください
お施主様
H様邸
保証年数
3年
足場アイコン3階建て雨漏り修防水工事

雨漏りの原因調査

雨漏りしているバルコニー 排水口回りも劣化しています

 雨漏りの原因を調べます。3階建ての建物で雨漏りしている部分の上は小さなバルコニーになっています。床面はウレタン防水が施工されていて、回りは笠木が被せてあります。

 人が歩く部分でもなく目に付く場所ではありませんので、劣化になかなか気付きにくいところになっています。

防水層が膨れています

 排水口の回りや床面にはヒビ割れや隙間が空いていて、防水層の下に雨水が入り込んでいました。雨水や湿気によって膨れた部分は、押すと中に雨水が入っているのが確認出来ます。紫外線や風雨に常にさらされている部分ですので、定期的にメンテナンスをおこなわないとどんどん劣化してしまい、雨漏りに繋がってしまいます。

クラックは雨漏りの原因になります 笠木は上から釘が打たれています

 防水層の下にはモルタルが打ってありますが、木造住宅は動きがありますのでモルタルのヒビ割れが防水層を破ってしまう事になります。こちらの建物もクラックが表面まで現れていて、雨水が入り込んだ軽先がありました。

 また、外周部を囲うように笠木が取り付けてありましたが、床面からの高さも殆ど無く上から釘を打って固定してありましたので、ここから雨水が入り込んでしまう事になり、ここも雨漏りの原因になる部分です。

 床面からの高さが無い為に、笠木の下がどの様な防水施工がおこなわれているかによって、床面から流れ込んだ雨水も雨漏りの原因になっている場合があります。

 雨漏りの原因として床面の防水層の劣化と笠木下からの雨水の浸入が考えられますので、防水工事のやり直しと笠木の交換に併せて笠木の下まで防水層を作る工事をおこなう事になりました。

防水工事開始

笠木の下の状態

 防水工事を開始します。

 まずは古い笠木の撤去をおこない下地の状態を確認しました。笠木の下は木下地が組まれていて防水紙が敷かれています。アマ折は今の所していませんが、壁との間に隙間が空いていましたので、雨水がここから壁の中に入り込んでしまう可能性があります。

 今回の工事では笠木の下も防水層で一体化する予定ですので、工事後はこのような隙間が無くなりますので雨水が壁の中に張り込む心配は無くなります。

下地調整して平らにします

カチオンフィラーで下地調整 膨れた部分は剥がします

 笠木を撤去した後は下地調整をおこないます。

 防水をおこなう面を平らにしていく作業ですが、このタイミングで雨水が入り込んで膨れてしまった部分を除去していきます。膨れた上からも防水層を作る事は出来ますが、浮いたままでは作業はおこないません。切り取って溜まった雨水を抜いてから表面を仕上げていきます。

防水用のコーキング

防水下地用コーキング

 壁際や笠木の下部分にはコーキングを先に打ちます。今回使用したのはオート化学工業のオートンクイックシーラントです。防水下地用の速乾性の高いコーキング材で、防水材との相性も良いのでこのコーキング材を使用していきます。

プライマー 端部シール作業

 床と外壁の立上りや、笠木下の外壁との隙間を埋めていきます。防水層の工事をおこなう前には密着性を高める為にプライマーと前面に塗布します。プライマーを塗布しないと防水層の付着性が弱くなり、浮きや膨れにも繋がりますので、丁寧に作業していきます。

ウレタン塗膜防水工事

ウレタン防水材

 元々ウレタン防水が施工されており、今回も日本特殊塗料株式会社のプルーフロンというウレタン塗膜防水材を使用します。

笠木の下に流れた雨水対策 壁際の雨仕舞

 ウレタン防水は2回塗布した後に紫外線保護材のトップコートを塗って仕上げていきます。笠木の交換工事をおこなうのですが、壁際の一部を残して雨仕舞をしっかりとおこなえる状態で防水工事を進めていきます。

排水口の処理も完了 笠木の下まで防水で一体化

 排水口の回りの処理もおこない、笠木の下にもウレタン塗膜防水を塗布して床と一体化しました。これで笠木の下に雨水が回り込んでも壁の中に入り込む心配は無くなりました。

ガルバリウム鋼板で笠木工事

防水が終わり笠木の取付 笠木の下に雨水が回っても問題無し

 工事の最後は笠木の取付工事です。元々取り付けてあった笠木は再利用しませんので、新しい笠木を取り付けていきます。

 ガルバリウム鋼板製の笠木で耐久性が今までの物よりも高くなっています。元々のものは上から釘を打ち付けて固定されていましたが、接着で取り付けていきます。内側にはビスを打って固定しますので、雨水が回り込むリスクを最小限に抑えています。

笠木の取付 壁際の雨仕舞処理

 壁際も古い笠木を絡めて納めましたので、雨仕舞もしっかりとおこなう事が出来ました。

雨漏り修理工事完成

笠木の取付完成 排水口回りの処理

 笠木の取り付けも終わり、雨漏り修理工事が完成しました。雨漏りの原因になっていた防水層の劣化も完全に無くす事が出来ましたので、雨水が入り込む部分が無くなりました。排水口の回りはそれ程劣化していませんでしたので、下地処理で取り合い部を塞いでウレタン防水をかけています。

ウレタン防水

 床面と笠木の下がウレタン防水で覆われていますので、仮に笠木の下に雨水が回り込んでも室内に雨漏りする心配は無くなりました。

 台風シーズン前に工事を終わらせることが出来て安心したと、お客様に大変喜んでいただけました。

 

雨漏り修理30,000円~(消費税・諸経費別) 散水検査30,000円~(消費税・諸経費別)

このページに関連するコンテンツをご紹介

雨漏り修理・雨漏り改修工事

雨漏り修理・雨漏り改修工事

※梯子をかけず、高所作業とならない(下屋・陸屋根・屋上・バルコニー)詳細:明らかに破損していたり、穴が開いていたりする箇所に対しコーキングまたは防水テープにて、訪問担当者が即時対応・補修が可能な場合に限る。 皆さんは常に大切なお住まいで雨漏りが起きる事を想像しながら想像して生活している訳ではありませ…続きを読む
バルコニー・ベランダや陸屋根(屋上)のメンテナンスに選ばれる ウレタン防水

バルコニー・ベランダや陸屋根(屋上)のメンテナンスに選ばれる ウレタン防水

@media only screen and (max-width: 374px) {.h336 {height: 336px !important;} お住まいは屋根材と外壁材で守られている訳ではありません。バルコニー・ベランダや陸屋根と呼ばれる屋上は、防水工事を行い雨水の浸入を防いでいます。特に…続きを読む
意外と多い笠木が原因のベランダ・バルコニーからの雨漏り

意外と多い笠木が原因のベランダ・バルコニーからの雨漏り

 お住まいの天敵である雨漏り。雨漏りというと「屋根から」というイメージをお持ちの方が大半だと思いますが、実はベランダやバルコニーから、さらには笠木が原因となり雨漏りが発生することが意外に多いということをご存じでしたでしょうか?建物から外面に張り出した形で存在しているベランダやバルコニーの手すり壁に天…続きを読む
街の屋根やさん品川
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒141-0031
        東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
        店舗詳細はこちら
    1. お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      江戸川区船堀で倉庫の大波スレート屋根からの雨漏りが発生、棟の部分交換工事で解消致しました

      【施工内容】

      雨漏り修理

      狛江市西野川で雨漏りで落ちてしまったモルタルの外壁をガルバリウム鋼板でカバー工事

      【施工内容】

      雨漏り修理、ガルバリウム鋼板

      調布市布田でマンションの雨漏りを散水試験で原因箇所を特定して補修作業しました

      【施工内容】

      雨漏り修理

      その他の施工事例一覧→

      品川区と近隣地区の施工事例のご紹介

      大田区本羽田にて台風によって飛散したパラペットの笠木の交換工事を火災保険を適応し行いました

      【施工内容】

      その他の工事

      江東区塩浜でベランダの防水工事、通気緩衝工法で施工致しました

      【施工内容】

      防水工事

      江東区富岡で店舗入り口庇の瓦屋根を、新しい瓦への葺き替え工事を行いました

      【施工内容】

      瓦屋根工事、屋根葺き直し、棟瓦取り直し 

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求
      新型コロナウィルス
      対策について
      オンラインでの無料相談・ご提案について
      台風14号接近中、ご注意ください! 台風14号接近中、ご注意ください!
      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る