無題ドキュメント

HOME > ブログ > タスペーサーとは?|縁切りの重要性・手作業による施工との違い.....

タスペーサーとは?|縁切りの重要性・手作業による施工との違い・実際の施工事例をご紹介!

更新日:2024年02月13日

 「タスペーサー」と聞いて、どの様な物か分かる方も少ないと思います(#^^#)
 しかし、タスペーサーは化粧スレート屋根の塗装メンテナンスにおいて、非常に重要な役割を担っています!

 今回は、屋根塗装の基礎知識をはじめとして、タスペーサーの役割縁切りの重要性をご紹介致します(^^)/
 また、タスペーサーの種類や縁切り工程の進化、実際の施工事例もご紹介致しますので、化粧スレート屋根の塗装メンテナンスをご検討されている方がおられましたら、ぜひ参考にしてみて下さい!

タスペーサーとは?

1. 屋根塗装の基礎知識

 タスペーサーについてご説明をする前に、屋根の塗装メンテナンス・縁切りの重要性についてご紹介致します!
 「屋根塗装」や、化粧スレート屋根の塗装時に行われる「縁切り」はなぜ必要なのでしょうか(・・?

1-1. 屋根塗装の重要性

スレート屋根の塗装メンテナンス

 紫外線・強い雨風・気温変化など、屋根は常に厳しい環境に晒されています。
 特にスレート屋根はそれ自体に防水性が備えられていない事から、定期的な屋根塗装によって防水性・撥水性を維持する必要があります!

 その為、屋根塗装は単に見た目を良くするために限らず、機能を回復して屋根を健全な状態に保つ役割があります!

 定期的な屋根塗装メンテナンス、屋根材の劣化を防止して寿命を延ばします(^^)/

1-2. 縁切りの必要性

 「縁切り」は化粧スレート屋根の塗装メンテナンスを行う際、屋根材同士の重なり部分に隙間を設ける作業です!

 屋根に降った雨水は、やスレートなどの屋根材によって全て防がれているイメージがありますが、実際にはそうではありません。
 台風などで強い雨が降った場合、雨水は屋根材内部まで浸水してしまいます。

 その為、スレート屋根は屋根材同士が重なり合う部分に「隙間」があり、この隙間を通じて屋根材内部の雨水が排水されます。

 しかし、スレート屋根は非常に薄い屋根材です。
 屋根を塗装する際、この重なり部分の隙間は塗料によって塞がれてしまいます😢

雨漏り被害
防水紙の劣化

 雨水の排水経路が失われることは屋根材内部に長時間水分が滞留してしまう事を招き、結果的に屋根下地材である防水紙の劣化雨漏りの原因となるリスクが大きくなります(>_<)

 そこで、上記の様な事態を未然に防ぐ為に、縁切り工程が必要となります(^^)/

2. 縁切りとタスペーサーの概要

 「タスペーサー」は、化粧スレート屋根の塗装メンテナンスにおいて非常に重要な工程である「縁切り」に使用される器具を指します!

 以下に、縁切りの重要性・タスペーサーの役割をご紹介致します(^^)/

2-1. タスペーサーとは

タスペーサー
屋根材の隙間へ差し込まれるタスペーサー

 前述の通り、タスペーサーは縁切り工程に使用される器具のことです。
 スレート屋根材の重なり部分に差し込む様に設置する事で、塗料によって隙間が塞がれる事を防止する役割を担います(#^^#)

2-2. タスペーサーの種類と特徴

 タスペーサーには複数の種類があり、それぞれ異なる特性と用途があります😊
 主に使用されるのは、「タスペーサー01」・「タスペーサー02」という種類です!

 タスペーサー01はZ型の構造を持ち、毛細管現象による浸水を抑制すると共に通気性を向上させます。
 また、最大80㎏の荷重に耐えることができるため、屋根の耐久性を高めます(#^^#)

 一方、タスペーサー02はスレートに劣化症状が少ない場合に適しており、手で簡単に挿入できる利便性があります!

 また、スレートや下地が傷んでいる場合に使用される「タスペーサー03」と呼ばれる種類も存在します!

タスペーサー01
タスペーサー02
タスペーサー03

2-3. タスペーサーの利用方法

 タスペーサーによる縁切りは、主に化粧スレート屋根の塗装メンテナンス時に行われます。

 一般的に塗装は下塗り⇒中塗り⇒上塗りの3回塗りが基本となりますが、タスペーサーは下塗り乾燥後に屋根材同士の隙間へ差し込む方法がメーカーより指定されています!

 下塗り乾燥後にタスペーサーを差し込む理由は、塗料によってタスペーサーが溶けてしまう事を防止する為です。

2-4. タスペーサーが使用できないスレート屋根に注意

 タスペーサーによる縁切りは非常に重要ですが、化粧スレート屋根の状態によってはタスペーサーが使用できない場合もあります(>_<)

 まず、3寸勾配(17度)未満傾斜が緩い屋根です。
 こうしたゆるい傾斜では、タスペーサーを設置する事で屋根材を傷つけてしまうリスクがある事から、設置が推奨されていません。

 また、劣化進行によってスレート屋根材に「反り」の症状が出ている屋根にも使用できません。
 屋根材が反っている状態では、タスペーサーを差し込んでも落下してしまう為です(>_<)

 上記の様な屋根の状態ではタスペーサーの使用が困難です(>_<)
 ですが、だからといって必ず縁切りが必要ないという訳ではありません!

 後述致しますが、手作業による縁切り方法もありますので、施工業者にしっかりと確認・最適な施工方法の提案をしてもらいましょう!

3. 手作業における縁切りの問題点とタスペーサーの利点

タスペーサーとヘラによる縁切り

 一昔前、縁切り作業は職人による手作業で行われていました。
 しかし、現在ではタスペーサーによる縁切りが一般的となってします。

 次に、職人の手作業による縁切りの手順~問題点と併せて、タスペーサーの利点をご紹介致します!

3-1. 手作業による縁切り作業の手順

 まずは、手作業による縁切り工程の手順をご説明いたします!

  1. 〇屋根の状態確認:
     最初に屋根の状態を確認し、縁切り作業に必要な部分を特定します。
  2. 〇縁切りの準備:
     屋根に登り、縁切り作業に適した工具(皮スキ、カッターなど)を準備します。
  3. 縁切り作業:
     重なり合った屋根材の塗膜部分に工具を使用して切り込みを入れます。
     この際、均一な深さと幅で隙間を作ることが重要です。

     力加減に注意しながら、屋根材を損傷しないよう丁寧に作業を行います。
  4. 作業の確認と仕上げ:
     縁切りが完了したら、作業した箇所を確認し、均一な隙間が確保されているかチェックします。
     必要に応じて、不均一な箇所は再度調整します。

3-2. 手作業による縁切りの問題点とタスペーサーの利点

 次に、手作業による縁切りの問題点をご紹介致します!

  • 〇屋根材を破損させてしまうリスク
     手作業による縁切りは力の加減が難しいと言われています。
     その為、不慣れな方が作業を行う事で屋根材を破損させてしまうリスクがあります(>_<)
  • 均一な隙間に仕上がらないリスク
     手作業による縁切りの仕上がりは、職人の腕によって左右されます。
     その為、均一な隙間に仕上がらなかったことで、排水口として不十分な仕上がりになってしまうリスクがあります。
  • 足跡によって屋根の美観を損ねてしまうリスク
     手作業による縁切りは、屋根全体を歩き回る必要があります。
     その為、せっかく塗装で綺麗になった屋根に足跡が残るなど、美観を損ねてしまうリスクがあります(>_<)
     
  • 施工期間・人件費の増加
     手作業による縁切りは時間がかかるため、タスペーサーによる施工と比較して工事期間・人件費が大きくなります。


 上記の様に、手作業による縁切りは確実に均一な隙間を作る事が難しく、せっかく塗装した屋根に傷や足跡を付けてしまいます。
 何より非常に重労働であり、施工コストの増加にも繋がります(>_<)

 一方、タスペーサーによる縁切りは従来の縁切り工法に比べて隙間を確実に作れる上、屋根材を傷つける事や足跡を付ける事もありません。
 部材の購入費用は必要となりますが、作業の負担も減る事で人件費・工期の短縮にも繋がります(^^♪

4. 化粧スレート屋根の塗装メンテナンスの施工事例をご紹介!

 次に、実際に施工させて頂いた化粧スレート屋根の塗装メンテナンスの施工事例をご紹介させて頂きます!

屋根塗装メンテナンスのご契約を頂いたY様

 お住まいのメンテナンスをご検討されていたY様ですが、日課のウォーキングの途中で弊社のラッピングカーをお見掛けされたことで、お問合せを頂きました(^^♪

 ありがとうございますm(__)m

塗膜が劣化したスレート屋根
スレート屋根で発生しているチョーキング現象

 約10年前に塗装メンテナンスをされたそうですが、屋根全体の塗膜に劣化が見られチョーキング現象も確認されました(>_<)

 チョーキング現象は、塗料に含まれる顔料が紫外線の影響によって劣化する事で、白い粉状となって表面に浮き出てしまう現象です!
 屋根を擦ってみると写真の様に手に白い粉が付着します😥

 チョーキング現象は、塗膜が劣化しているサインでもあります!
 屋根全体の塗膜の劣化が進行している事から、塗装メンテナンスをご提案させて頂き、工事のご要望を頂きました(^^)/

タスペーサー野設置

 塗装は、下塗り・中塗り・上塗りと3回に分けて行われますが、全体に忘れてはいけないのが下塗り後の「縁切り」です!

 写真の様に、タスペーサーを屋根材同士の重なり部へ差し込んでいきます!

 中には「塗料で隙間を埋めることが防水に繋がる」と仰る業者さんもいらっしゃいますが、それは大きな間違いです(>_<)
 繰り返しとなりますが「隙間」は屋根材内部の雨水・湿気・結露の排水口として非常に重要な役割を担っています!

中塗りの様子

 今回、仕上げ塗料にはファインパーフェクトベストを使用させて頂きました!
 耐用年数と価格のバランスが取れた、コストパフォーマンスの高い塗料となります(#^^#)

 中塗り・上塗りと2回に分けて仕上げる事で、塗料の持つ性能を最大限発揮できる厚みをもった塗膜を形成出来ます😊

化粧スレート屋根の塗装メンテナンスの完了

 無事、化粧スレート屋根の塗装メンテナンスが完了致しました!
 お色はモスグリーン色を選定頂きましたので、印象が大きく変わりましたね(*^-^*)

 屋根の防水性・撥水性が回復した上、タスペーサーによる縁切りもしっかりと施工させて頂きましたので、雨の日もご安心頂けると思います(^^)/

 

5. タスペーサーの単価と費用

タスペーサー 費用の目安
タスペーサーの単価 約10円~50円
必要なタスペーサーの数 屋根1平方メートルあたり約10個
30坪(約99平方メートル)の屋根に必要な費用 約10,000円~50,000円


 タスペーサーの費用は、その種類や施工する屋根の面積によって異なります。
 一般的に、タスペーサーの単価は約10円~50円程度で、屋根1平方メートルあたりの施工には10個程度のタスペーサーが必要とされています。
 したがって、屋根の面積に応じて、タスペーサーの全体的な費用を計算することができます。

 例えば、30坪(約99平方メートル)の屋根を塗装する際、タスペーサーに掛かる費用はおよそ10,000円~50,000円になることが一般的です。
 ただし、屋根の傾斜・屋根材の種類・屋根の状態によっても費用は変動しますので、あくまで目安として参考にしてみて下さいね(^^♪

 また、当然ですが手作業による縁切りには部材費用は掛かりません。
 しかし、タスペーサーによる縁切りと比較して作業時間・作業費が掛かりますので、総額の差はほとんどありません。

 その上、前述の通り手作業による縁切りはデメリットが多い事から、やはりタスペーサーによる縁切りがおすすめです(*^-^*)

 

6. 屋根塗装工事を成功させるためには縁切りの重要性を理解しておくことが大切です!

 今回はタスペーサーを中心に縁切りの重要性や、手作業による縁切りの問題点、施工事例をご紹介させて頂きました(#^^#)

 私達「街の屋根やさん」では、こうした縁切り工程の重要性やタスペーサーの利点などを理解した上でしっかりと工事方法のご提案・施工をさせて頂いております!
 ですが、雨漏りが発生したお住まいに現地調査にお伺いさせて頂きますと、他業者で施工された塗装工事において縁切り全くされないなかったケースも少なくありません(>_<)

 屋根機能を回復させるために行った屋根塗装が、施工不良によって雨漏りへと繋がってしまった状態です😰

 そうした事態を未然に防ぐ為には、お客様ご自身も縁切り・タスペーサーの重要性をご理解頂く事も大切です!


  〇工事のお見積もり・工程に縁切り工程が入っているか?
  〇縁切りはタスペーサーによって行われるか?
  〇そもそも、縁切りの重要性を理解しているか?

 など、しっかりとチェックしましょうね(^^♪
 実績・経験豊かな信頼できる施工業者へ依頼しましょう(^^)/

 街の屋根やさんでは、点検~お見積りの作成・ご相談まで無料にて実施させて頂いております!
 屋根の塗装メンテナンスをご検討されている方がおられましたら、ぜひお気軽にご相談下さい!

 記事内に記載されている金額は2024年02月13日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

関連動画をチェック!

屋根塗装が雨漏りを引き起こす!?スレート屋根の方は必見!【プロが解説!アメピタ!】

 今回の記事で登場した工事やお住まいのトラブルに関連する動画をご紹介します!


 こちらの動画では、工事の内容やお住まいのトラブルの対処方法などをより詳しく説明しています。
 お役立ち情報が満載ですのでぜひご覧になってみてください。


このページに関連するコンテンツをご紹介

超重要!スレート屋根に必須のタスペーサーで雨漏りを防止

超重要!スレート屋根に必須のタスペーサーで雨漏りを防止

 スレート(コロニアル・カラーベスト)屋根を塗装すると雨漏りを起こすことがあるといったら貴方は信じられますか。スレート屋根の屋根塗装後には塗り替えによって狭くなったり、塞がれてしまった排水経路をしっかりと機能するようにしなければなりません。それが縁切りと呼ばれる作業で、現在では屋根材の重なり部分に挟…続きを読む

このページに関連する漫画コンテンツ動画をご紹介

漫画で読むならコチラ

動画で見るならコチラ

屋根塗装348,000円~(消費税・諸経費別)

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 神奈川県 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

このページと共通する工事内容の新着施工事例

中野区南台にて、遮熱・断熱効果のあるダンネストを使用しての屋根塗装工事を行わせていただきました

【施工内容】

屋根塗装、遮熱塗料

小金井市貫井南町にて、遮熱・断熱効果のある「ダンネスト」という塗料で屋根の塗装工事を行わせていただきました!

【施工内容】

屋根塗装

豊島区千早にて棟板金交換工事と日本ペイントのファインパーフェクトベスト(色はブラウン)を使用した屋根塗装工事を実施

【施工内容】

棟板金交換、屋根塗装

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求
点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お電話でのお問い合わせは0120-989-936へ。8時半から20時まで受付中!メールでのお問合せは24時間受付中。

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2024 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る