無題ドキュメント

HOME > ブログ > シート防水のメリット・デメリットや価格の目安を解説!

シート防水のメリット・デメリットや価格の目安を解説!

更新日:2024年02月08日

 「シート防水とはどんな防水なの?」という疑問やシート防水のメリットやデメリット価格の目安実際のメンテナンス事例をご紹介します!

 お住いの防水で悩んでいる方、必見です!

シート防水を詳しく解説!

1.シート防水とは

シート防水とは

シート防水は、防水性のあるシートを敷設する防水工事です。

 シート防水は、建物の屋上ベランダ・バルコニーなどに使用される効果的な防水方法です。この方法では、塩化ビニール(塩ビ)ゴム製のシートを使用し、専用の接着剤や機械を用いて施工箇所に固定します。

 防水工事は雨水の侵入を防ぐための重要な工事であり、その効果は施工方法によって大きく異なります。シート防水は建物の屋上やバルコニーなど、広範囲にわたる施工が必要な場合に特に適しています

シート防水の種類と特徴

 シート防水には主に二つの工法があります。

①密着工法

シート防水「密着工法」

  密着工法は、専用の接着剤を使用してシートを下地に固定します。この方法は施工が比較的容易で、短期間での施工が可能ですが、下地に含まれている水分の影響を受けやすく、膨れなどの問題が発生しやすいという短所もあります。この工法は、歩行が可能な施工箇所や、比較的小規模なエリアに適しています。

②機械固定工法

シート防水「機械的固定方法」

  機械的固定工法 は、アンカーやディスク板を使ってシートを下地に固定します。この方法では、旧防水層の撤去が不要で、下地調整の必要もほとんどありません。また、アンカーを打ち付けて固定するので、接着剤の乾燥待ちなどもなく、工期が短縮される利点があります。機械的固定工法は、広い面積や複雑な形状の屋上、既に水漏れが発生している箇所に適しており、通気性を確保しながら防水層を形成します。

 これらの工法を適切に選択し、施工することで、耐久性の高い防水層を形成し、建物を長期に渡ってます!どの工法を選択するにしても、専門の知識と経験を持つ業者に依頼することが重要であり、事前の調査や適切な見積もりを行うことが成功の鍵となります。

2.シート防水のメリットとデメリット

シート防水の主なメリット

 シート防水は、屋上や屋根の保護に多く利用される防水方法で、そのメリットは多岐にわたります。

メリットその1:高い耐久性

塩ビシートは特に耐用年数が長くお勧めです!

 主要な利点として、耐用年数が長く、メンテナンスの頻度が低いことが挙げられます。

 特に、塩化ビニール製のシートは耐久性が高く、紫外線や熱に強いため、長期間にわたって防水性を維持します。

 また、施工が比較的容易であり、短期間で完了するため、工期の短縮と効率的なコスト管理が可能です。

メリットその2:下地を選ばず、広い面への施工が可能

 シート防水のもう一つの大きな利点は、下地を選ばないことです。シートを直接貼り付けるため、既存の防水層を撤去する必要がなく、広い面積にも均等に施工できます。これにより、既存の防水材との相性を心配することなく、新しい防水層を形成することができます

メリットその3:美しい仕上がり

 さらに、シート防水はその均一性から、施工後の仕上がりが美しく、建物の外観を損なわない点も大きなメリットです。

防水シートで防水工事

シート防水のデメリット

 メリットがたくさんあるシート防水にも、やはりデメリットはあります。

デメリット:複雑な形状の屋上や凸凹した下地への施工が難しい

 シートは平らな面に適しており、多くの凹凸がある場所や、形状が複雑な場所には不向きです。この問題に対処するためには、事前の詳細な調査と計画が重要です。専門業者は、施工する場所の具体的な状況を把握し、最適な工法を選定することが求められます。

 シート防水は、その耐久性と実用性から多くの建物に採用されていますが、そのデメリットを理解し、適切な対策を講じることが成功への鍵となります。専門業者との密な連携と計画的なメンテナンスにより、シート防水の利点を最大限に活かすことができます!

3.防水工事が必要な劣化症状と警告サイン

 防水工事が必要な劣化症状には、以下のような警告サインがあります。

ひび割れや破れ屋上やバルコニーの防水層にひび割れや破れが見られる場合、これは防水層の劣化を示しています。ひび割れは水の侵入を許し、建物内部への損傷を引き起こす原因となります。

シート防水が破れている状態はメンテナンスの目安です!

 

水たまりの形成屋上やバルコニーで水たまりができる場合、排水の問題や防水層の不均一さが原因である可能性があります。長期間放置すると、防水層の劣化を加速させ、雨漏りのリスクを高めます。

シート防水で水たまりが出来ている状態はメンテナンスの目安です!

 

浮きや膨れ防水層に浮きや膨れが見られる場合、これは水分が層内に侵入していることを意味します。この状態が続くと、防水層の完全な機能喪失につながり、大規模な修繕が必要になることがあります。

シート防水が浮いている状態はメンテナンスの目安です!
シート防水が膨らんでいる状態はメンテナンスの目安です!

 

シートの結合部や端部の剥がれシートが剥がれているままだと、この隙間から雨水が浸入し雨漏りに発展してしまうことも考えられます。

シート防水が剥がれている状態はメンテナンスの目安です!

 

 これらの劣化症状や警告サインが見られる場合は、迅速に専門業者に相談し、適切な防水工事の実施を検討することが重要です。専門家による定期的な点検と早期の対応が、建物の健全性を維持し、長期的なコスト削減につながります!

4.シート防水の価格の目安

街の屋根やさんが行っているシート防水の価格

塩ビシート ゴムシート
1.5~2.5mm程度 厚み 1.2~2.0mm程度
10~20年 耐用年数 10~15年
約3,500~7,500円/㎡
(税込3,850〜8,250円/㎡)
単価(㎡) 約2,500~7,000円/㎡
(税込2,750〜7,700円/㎡)
1~4日 工期 1~4日

 

 シート防水工事の価格は、採用する材料や施工方法、工事の規模によって異なります。一般的に、シート防水の価格相場は、1平方メートルあたり約5,000円~10,000円程度とされています。しかし、これはあくまで目安となり、施工料金は業者ごとによって異なりますので注意が必要です!

 主に、使用するシートの種類塩化ビニールシートゴムシートなど)、施工箇所の状態必要な下地処理の程度などが価格に影響を与える…ということを把握しておきましょう。

 例えば、下地の状態が悪い場合や、複雑な形状の屋上を防水する場合は、追加の工程が必要になり、コストが増加する可能性があります。

5.シート防水と他の防水方法の比較

 シート防水と塗膜防水は、それぞれ特有の利点と制約を持っています。比較してみましょう!

◎シート防水

シート防水

 主に塩ビシートやゴムシートを使用し、広い面積に適しており、耐久性に優れています。シート防水の大きな利点は、その耐久性とメンテナンスの容易さにあります。長期間にわたり高い防水性能を保つことが可能で、特に広範囲の屋上などに適しています。しかし、複雑な形状や小規模な箇所への適用は制約を受けます。

◎塗膜防水

塗膜防水

 塗膜防水は液状の材料を塗布して固める方法で、細かな部分や複雑な形状の地形にも柔軟に適用できます。しかし、耐久性ではシート防水に劣ることがあり、トップコートでの定期的な再塗装が必要になるケースがあります。

6.最適な防水方法の選び方

 最適な防水方法を選定する際には、以下の基準を考慮することが重要です。

 使用目的と場所屋上、バルコニー、駐車場など、防水を施す場所の目的と条件によって、最適な防水方法は異なります。

 予算と耐久性長期的な耐久性を優先するなら、初期コストが高くても長期間メンテナンスフリーのシート防水が良い選択です。一方で、初期コストを抑えたい場合は、塗膜防水やアスファルト防水が適している場合があります。

 地形の複雑さ不規則な形状や多くの障害物がある場合、塗膜防水が適しています。一方、広範囲で比較的単純な形状の屋上などには、シート防水が適しています。

 防水工事の選定は、専門家によるアドバイスを受けながら行うことが重要です。プロの視点から、各場所の特性や要求される性能を踏まえた最適な提案を受けることで、効果的かつ経済的な防水工事を実現できます。

シート防水のメンテナンスを行った実際の施工事例をご紹介!

 屋上の防水工事を行った中央区のS様

屋上防水工事を行った中央区のS様

 屋上からの雨漏りにお困りになっているということでお問合せを頂いたのが工事のきっかけでした。

点検の様子

屋上防水工事 調査の様子

 早速お客様のお住まいに伺い、状態を調査していきます。ご自身で防水テープを使い応急処置をされたそうですが、いつまた雨漏りが起きてしまうかわからないため、今回しっかりと補修したいと考えたそうです。

 既存の防水層はシート防水で、お隣で行われていた解体工事の際、建物が大きく揺れた衝撃で断裂してしまったようです!手すりの土台となっている部分の立ち上がり…パラペットと呼ばれる部分(赤い丸で囲ってある場所)が断裂しており、ここから雨水が浸入している状態でした…。

シート防水断裂

 ↑パラペットの部分以外でも亀裂が見られました(>_<)

 今回、既存防水の断裂部分などを含めた補修と、既存の防水層を活かしたウレタン防水の施工をご提案し、工事を行わせていただくこととなりました!

施工の様子

屋上防水工事Before

 歩行用の保護マットを撤去して高圧洗浄を行い、弱くなってしまった部分の補修作業を行います。

 ウレタン防水では清掃で1日、下地処理で1日、1層目、2層目、トップコートで各1日ずつ…最低でも計5日は掛かります。また、天候などの関係で予備日を含め10日程度は必要になります。

 日程が極端に短い工事日程を出された場合は、乾燥時間をしっかりと設けていない可能性があります。注意しましょう!

防水工事完工

 最後にトップコートで仕上げて完成です!

 雨漏りを気にすることなく安心できるとお客さまにもお喜びいただきました(*^_^*)

→詳しい調査・工事の様子はこちらからご覧いただけます

7.シート防水のことなら街の屋根やさんにお任せください!

 シート防水は建物の耐久性を保つことや、建物そのものの保護に欠かせない重要なメンテナンスです。雨漏りや湿気から建物を守り、内部の構造物や装飾を劣化から守る役割を果たします!専門知識と経験豊富な技術者による適切な施工は、建物の長寿命化につながります。

 街の屋根やさんでは、シート防水工事も専門とし、高品質な防水シートの施工や定期的な点検・メンテナンスを行っております。防水工事のことなら、街の屋根やさんにお任せください!(^^)/

街の屋根やさんの無料点検でシート防水の調査を行いましょう!

 >>街の屋根やさんの無料点検について、詳しくはコチラ!<<

 記事内に記載されている金額は2024年02月08日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

関連動画をチェック!

防水工事で雨漏り防止!陸屋根・屋上のチェックポイント【プロが解説!街の屋根やさん】

 今回の記事で登場した工事やお住まいのトラブルに関連する動画をご紹介します!


 こちらの動画では、工事の内容やお住まいのトラブルの対処方法などをより詳しく説明しています。
 お役立ち情報が満載ですのでぜひご覧になってみてください。


このページに関連するコンテンツをご紹介

シート防水が施工された屋上(陸屋根)のメンテナンス方法

シート防水が施工された屋上(陸屋根)のメンテナンス方法

 ゴムシート防水で10年~15年程度、塩ビシート防水であれば10年~20年程度の耐用年数が期待でき屋上防水で採用されることも多いシート防水。皆様のご自宅や所有されているマンション・建物の屋上(陸屋根)は前回の防水工事から何年経過されていますか?普段あまり立ち入らない屋上だからこそ意外と注意が向かず「…続きを読む

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 神奈川県 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

このページと共通する工事内容の新着施工事例

東大和市狭山で改修用ドレンでバルコニーの排水口改修工事

【施工内容】

雨漏り修理、防水工事

港区南青山で雨漏りの原因部分を防水工事で直します

【施工内容】

雨漏り修理、防水工事

江東区海辺にて工場の屋上の防水工法をウレタン防水密着工法で実施!ダイフレックスのDSカラー・ゼロを使用致しました!(税込み3,440,000円)

【施工内容】

防水工事

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求
点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お電話でのお問い合わせは0120-989-936へ。8時半から20時まで受付中!メールでのお問合せは24時間受付中。

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2024 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る