無題ドキュメント

HOME > ブログ > 屋根点検、なぜ必要?ドローンを使った無料点検も街の屋根やさん.....

屋根点検、なぜ必要?ドローンを使った無料点検も街の屋根やさんにお任せください!

更新日:2024年02月07日

 「家に突然業者がやってきて、屋根が浮いていると言われた…どうしたらいいの!?

 「そもそも屋根の点検って何で必要なの?

 本記事では、そんな方へ…屋根点検がなぜ必要なのかということや、注意が必要な点検商法ドローンを使った屋根点検など、お住まい・屋根点検に関わる情報をご紹介!お家のことでお悩みの方は、是非参考にしてみてくださいね(^^)/

1.屋根点検の基礎知識

屋根点検はなぜ必要?

 屋根は、家の中でも特に外部環境の影響を受けやすい部分です。

 日々の天候や季節の変化により、屋根材は徐々に劣化していきます。

 特に日本のような四季がはっきりしている地域では、屋根は日光、雨、風、雪といった自然の影響を直接受けるため、徐々に劣化してしまいます。

お住まいは常に外部からの影響を受けています

 屋根の点検を行い、このようなダメージを早期に発見し、適切な修理やメンテナンスを行うことで、長期的な建物の保護ができるのです!

 

天井にできた雨染み

 劣化を放置すると、雨漏り断熱性の低下、さらには屋根材の脱落など、重大な問題を引き起こす可能性があります。そのため、屋根の定期的な点検は非常に重要です!

 特に、年数が経過した住宅では、屋根の状態を把握し、必要に応じたメンテナンスや修繕を行うことが大切になってきます。

 点検をすることで屋根の劣化状態や修理が必要な箇所を早期に発見できますので、大規模な修理や交換が必要になる前に適切な措置を講じることができ、結果として長期的なコスト削減にも繋がります。さらに、点検は屋根の寿命を延ばすことにも役立ち、住宅全体の価値を保持する効果もあります。

屋根点検を行うべきタイミング

 屋根点検の適切なタイミングは、一般的には3~5年ごとが推奨されています。しかし、屋根の材質や地域の気候条件、屋根への直接的な損傷があった場合は、より頻繁な点検が必要になることがあります!

棟板金飛散

 特に、台風や大雨、大雪などの自然災害の後は、屋根にダメージが生じている可能性が高いため、早めの点検を行うようにしましょう

コケや藻・カビ

 また、屋根の色褪せの発生屋根材の浮きやズレが目視で確認できる場合、異音がする場合も、専門家による点検が必要です。これらのサインは屋根材の劣化や損傷を表している可能性があるため、見過ごさないようにしましょう!

 屋根の材質や環境条件によっても点検の頻度は異なるため、専門家のアドバイスを参考にすると良いでしょう。

2.屋根点検の費用と業者選び

点検費用の相場

散水試験の様子

 屋根の点検費用は、業者や点検の範囲、方法によって異なります。一般的な目視による基本的な点検は、しばしば無料で行ってもらえるというところもありますが、より詳細な調査や特殊な機器を用いる場合、費用が発生することがあります

 例えば、ドローンを使用した点検サーモグラフィー散水試験などの詳細な調査は、5,000円~30,000円程度の費用がかかることが多いです。特に雨漏りの原因調査のような複雑な作業は、高額になる可能性があります。

 費用を抑えるためには、複数の業者から見積もりを取り比較検討することが重要です!

失敗しない業者選びのためには

 優良な屋根点検業者を選ぶ際には、いくつかのポイントを考慮する必要があります。

適切な資格や認定を持っているかを見る

 まず、業者が適切な資格や認定を持っているか確認しましょう。例えば、屋根工事に関する国家資格専門団体の認定を持っている業者は、技術的な信頼性が高いと考えて良いでしょう。

地元で長い実績のある業者かどうかを見る

 長年の実績や地元での評判過去の施工例の確認も重要です。口コミやレビューをチェックすることで、業者の信頼性や顧客対応の質をある程度把握することができます。

・貰った見積もりの内容を見る

 「曖昧な表記は無いか?」「それぞれの金額についてきちんとした説明があったか?」ということをしっかりと確認しましょう。明瞭な見積もりと契約内容、アフターサービスの有無も業者選定の重要な基準となります!

3.点検商法には気を付けましょう!

詐欺被害やトラブルが後を絶たない点検商法

 屋根工事の点検商法は、高齢者を中心に急増しているトラブルの一つです。屋根点検を巡る詐欺には注意しましょう!

 点検商法の手口としてよくあるのが、業者が「近所で行う工事の挨拶」と称して突然訪問し、「屋根瓦がずれているため点検してあげる」と申し出て、点検後に「このままだと瓦が飛んでご近所に迷惑がかかる」などと不安を煽り、屋根工事の契約を迫る…というものです。

 相談件数は年々増加しており、2022年度は2018年度の約3倍に達しています。特に60歳以上の高齢者がターゲットになっており、巧妙なトークで消費者を誘導する悪質な業者が後を絶ちません。

突然の訪問、話は聞かず、きっぱり帰ってもらいましょう

 さらに、「無料で点検する」と謳いながら、訪問後に高額な修理費用を請求するケースや、不必要な修理を勧めたり、屋根を故意に破損したりする悪徳業者も存在します。これを避けるためには、突然訪問してきた業者の話は聞かず、きっぱりと断ることが重要です。

トラブル回避のためにできること

 まず、突然訪問してきた業者には安易に点検を許可しないことが重要です!屋根に上らせないようにしましょう。屋根の点検や修理が必要な場合は、自ら信頼できる業者を見つけて依頼しましょう。

点検商法の回避や契約してしまった時の対処方法

 屋根工事の契約もすぐにはせず、十分な検討を行いましょう。保険金を利用できるという話にも注意し、疑問があれば速やかに消費生活センターなどの相談窓口に連絡することが推奨されます。クーリング・オフが可能な場合もあるので、契約後に不安を感じたら早めに相談することが大切です。

 また、消費者ホットライン「188」公益財団法人住宅リフォーム・紛争処理支援センターなどにも相談が可能です。ご自身だけでなく、身近な高齢者の方もこのようなトラブルに巻き込まれないよう、周囲の人々が変化に気づき、適切に対応することも重要です。

4.街の屋根やさんでは無料の屋根点検を行っています

 当社の自慢の一つは、お客様のご要望やお困り事に真剣に向き合い、どんな課題にも根本から取り組み、解決することです。例えば、雨漏りの問題があれば、屋根の点検はもちろん、外壁の調査や屋根裏空間の状態まで徹底的に調べます。また、室内の見えない部分上下水道からの漏水の可能性も考慮します。漏水は必ずしも屋根からのものとは限りません。お住まいのメンテナンスを検討中であっても、私たちのアプローチが変わることはありません。

街の屋根やさんはお住まいを隅々までチェックいたします。

 お客様のお住まいが本当にメンテナンスが必要な状態なのか屋根工事を行った後に問題がないか、建物の年数や状態を考慮し、工事を検討することが重要です。そのためには、工事前の点検や調査が非常に重要になってくるのです!

屋根の無料点検は街の屋根やさんにお任せください!
屋根の無料点検は街の屋根やさんにお任せください!

 指定された箇所のみを点検するという業者もあります。これが良いか悪いかは別として、私たちはお客様にあの時、もっと徹底的に点検してもらっていればよかったと後悔させたくないのです。せっかくお問合せをいただき、お伺いしているのですから、建物全体を丹念に点検し、その状況を正確に把握したいと考えています。

街の屋根やさんでは屋根を含め、お住まい全体の無料点検を行っております。

 再度強調しますが、街の屋根やさんでは屋根だけでなく、敷地内の建物のすべてを点検の対象としています。そのため、点検にはかなりの時間がかかる場合があります。お住まいのサイズや状況によって異なりますが、おおよそ30〜60分ほどお時間をいただくことになります。

 また、見積もりを作成する際には、屋根や外壁の実寸が必要な場合がありますので、その場合はさらに少し時間をいただくことがあります。

 もしお手持ちの立面図や平面図があれば、ご用意ください。

お住いの無料点検は街の屋根やさんにお任せください!

>>無料点検について、詳しくはコチラ!<<

5.ドローンを活用した屋根・外壁点検

街の屋根やさんでは、ドローンでの点検を無料で行っております!

 近年、リフォーム業界はドローン技術の進化によって大きな変革を遂げています。ドローンはもともと軍事用や趣味の範囲で使用されていましたが、現在では商業用途としてその機能が拡張されています。高解像度のカメラを搭載し、GPSや先進的な飛行制御システムを備えたドローンは、屋根や外壁の点検などリフォーム業界において非常に有効なツールとなっています!

 これまでの屋根や外壁の点検は、作業員が物理的に高所に登って行う必要があり、危険と時間がかかる作業でしたが、ドローンを使用することで、地上から安全かつ迅速に広範囲を点検することが可能になりました

 ドローンに搭載された高解像度カメラは、細部まで鮮明に捉えることができるため、微細なひび割れや劣化の検出にも優れています!

ドローン点検商法に注意!

 ドローンの利用は効率的な点検を可能にする一方で、新たなトラブルの原因となっていて、特に「ドローン点検商法」と呼ばれる手法が問題視されています。

 この商法では、業者がドローンを用いて屋根や外壁の点検を行い、その映像や写真を使って高額な修理や改修を契約させるケースが増加しています。これらの業者は、ドローンによって撮影された微細な損傷を誇張し、消費者に不必要な恐怖を煽ることで、急を要する修理や高額なリフォーム契約を迫ってきます

 例えば、屋根のわずかな傷や汚れを「重大な損傷」として提示し、直ちに修理が必要であると主張します。専門知識を持たない方々は、これらの業者の言葉を真に受けてしまいますよね。このような手法は特に高齢者をターゲットにしており、高齢者が多くの被害に遭っています。

 ドローン点検商法に対抗するためには、自ら情報を収集し、知識を身に付けることが重要です。屋根や外壁の一般的な状態や、修理が必要になる典型的な損傷の様子を理解しておくことで、業者の誇張や不正確な情報に惑わされにくくなります。

街の屋根やさんではドローンでの調査を無料で行っています

 近年、都市部を中心に「住宅同士が密集し梯子をかけるスペースがない」、「梯子が屋根まで届かない」、「急な勾配で屋根に上がることが難しい」という問題が増えています。これまでは、そうした住宅では、足場を組んでから屋根の状態を点検し、メンテナンス方法を決めるしかありませんでした。足場を組んだらすぐにメンテナンスをしないと…という心理が働き、点検自体が難しい場合は、補修工事をしっかり行っておきたいと思いますよね。

屋根の上に上るのが難しい建物では、ドローンでの点検を行っております。

 メンテナンスの必要性は理解できますが、トータルコストが不透明であることは大きな不安材料です。最も困ったことは、足場を組む費用が無駄になる可能性があり、損傷が発生してから修理を検討するという考え方が難しいということです。

 点検がなければ見積もりや補修工事ができません。足場組み費用や総費用を気にすることなく、お住まいの状態を簡単に確認していただけるよう、私たちの街の屋根やさんでは、ドローンによる点検も無料で行っております!

街の屋根やさんでは、ドローン点検を無料で行っております!

 ドローンによる点検は、安全かつ効率的に屋根全体の状態を確認できます。また、点検中に屋根材が損傷するといったトラブルも避けられます。雨後などで屋根が滑りやすい状況では梯子を使った点検が難しいですが、ドローンなら強風や雨以外の天候でも点検できます

街の屋根やさんでは、ドローンでの点検を無料で行っております!

 ただし、ドローン点検では応急処置や修理は行えないためご注意ください。すでに屋根材の剥がれや雨漏りの危険性がある場合には、足場を組んでの補修工事をお勧めします。また、飛行が制限されている地域ではドローン点検が行えませんので、その点も予めご了承ください。

実際にドローン点検を行った事例をご紹介!

 ドローンによる点検と屋根工事を行わせていただいた杉並区にお住いのT様

ドローンによる点検と屋根工事を行わせていただいた杉並区にお住いのT様

 業者から「棟板金が浮いている」と指摘を受けた…とのご相談いただいたことが今回の工事のきっかけでした。いわゆる点検商法ですね。「近所で工事をやっているという業者から屋根のことで指摘を受けたので心配になった」というのは、実際、街の屋根やさんで多くいただいているお問い合わせのひとつです。

 T様のお住まいは梯子が架けられない造りの建物だったため、ドローンを使い屋根の状況を確認していきます!

ドローン点検の様子

ドローン調査の様子

 ↑こちらはドローンで撮影したお住いの写真です。ご覧のように、屋根全体の様子から、ドローンを近づけて細かいところまで調べることが可能です!

 ドローンを使うことで、梯子を架けられない建物の調査も行うことができるんですね(^^)/

 今回の調査で、棟板金の釘の浮きだけでなくスレートが欠けていることも確認できました。棟板金交換工事と部分的な屋根補修をご提案し、工事を行うこととなりました!

工事の様子

・棟板金交換工事

 棟板金交換工事では、古い棟板金、内部の貫板を取り外して新しい貫板・棟板金を設置します。棟板金(外側)が綺麗なように見えても、貫板(内側)が傷んでいたり、寿命を迎えていたりということも考えられますので、全交換をすることがおススメです!

 棟板金交換工事が完了しました!貫板は樹脂製のものを使用し、棟板金はガルバリウム鋼板製のものを使用いたしました。固定には釘ではなくビスを使いましたので、より飛散しにくくなりました!(*^_^*)

・破損したスレートの補修工事

 スレートは重なるように施工されているため、すぐに雨漏りが起きる…という不安はありませんが、このままの状態で放置してしまうと破損が拡大してしまうことも考えられます。幸いなことに、欠けて落ちたスレートの破片をお客様がお持ちでしたので、貼り付けて補修を行いました!

 釘が抜けてしまっていた棟板金も交換しましたので、飛散の心配もなく安心いただけるかと思います(^^♪

→工事の詳細はこちらからご覧いただけます

6.まとめ

 本記事では、屋根点検の必要性注意すべき点検商法屋根点検へのドローンの活用についてご紹介いたしました。

 屋根のことは中々わからず、ご不安も多いかと思います。そんなときは、街の屋根やさんの無料点検をご活用ください!私たちは、お客様の悩みに寄り添い、ご希望に合ったご提案をいたします。

 屋根に限らず、お住まいのことでの不安やお悩みは、是非街の屋根やさんにご相談ください!

点検商法や屋根の問題・心配事は街の屋根やさんにお気軽にご相談ください!

 

 記事内に記載されている金額は2024年02月07日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

関連動画をチェック!

どのリフォームが最適?屋根リフォームの種類【街の屋根やさん】

 今回の記事で登場した工事やお住まいのトラブルに関連する動画をご紹介します!


 こちらの動画では、工事の内容やお住まいのトラブルの対処方法などをより詳しく説明しています 。
 お役立ち情報が満載ですのでぜひご覧になってみてください。


このページに関連するコンテンツをご紹介

街の屋根やさんの無料点検でお住まい全体の不安も解消!

街の屋根やさんの無料点検でお住まい全体の不安も解消!

 街の屋根やさんでは無料点検を承っております。  屋根は毎日、私たちの生活を守るという大役を繰り返しています。  風に曝され、砂埃を叩きつけられ、紫外線を照らされ続け、雨を浴び、夏は暑さ、冬は寒さ…  実は屋根は毎日かなりの負担を強いられているのです。  雨漏りや破損といった、修理が必要になってし…続きを読む

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 神奈川県 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

このページと共通する工事内容の新着施工事例

足立区保木間にて強風で飛散したベランダ屋根のポリカ波板の交換工事を実施

【施工内容】

品川区荏原にて訪問業者に登らせてしまったスレート屋根、無理に捲った痕跡もあり棟板金交換工事と同時に屋根塗装も実施

【施工内容】

中野区上高田でマンションエントランス庇の雨樋と排水管清掃工事

【施工内容】

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求
点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お電話でのお問い合わせは0120-989-936へ。8時半から20時まで受付中!メールでのお問合せは24時間受付中。

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2024 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る