無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 八王子市中野町で強風で落下したモニエル瓦のケラバを修理します.....

八王子市中野町で強風で落下したモニエル瓦のケラバを修理します

【施工前】

【施工後】

【お問い合わせのきっかけ】


担当:富田


 八王子市中野町で屋根の修理工事をおこないました。
 瓦葺き屋根の側面部分になるケラバが強風で落下してしまったのですが、屋根に葺かれているのは現在では廃盤になっているモニエル瓦でした。モニエル瓦は洋風のセメント瓦で多くの屋根に使用されていましたが、現在では製造されていない為破損したときには交換が出来ません。
 今回破損したケラバ部分は強風によって落下してしまいました。幸いな事に一つは無傷のままでしたので再利用が出来ましたが、割れてしまった部分は他の物と差し替える必要があります。製造されていない瓦ですので新たに注文する事が出来ませんので、以前に葺き替えなどで剥がした際に補修用にストックしておいたものを使用します。正面部分に代替え品を持ってくると目立ってしまうので、裏の見えにくい部分に差し替えようの瓦を設置して正面には裏から剥がした同じものを再取付しました。
 強風によって落ちてしまったのですが、下地に使われている木の腐食が根本の原因でしたので、脱落していないケラバも全て取り外して下地を新しく直します。元々木が使用されていましたが、新しい下地には腐食しにくい樹脂製の物を使用し固定もビスを使用しましたので、今までの様に風の影響も受けにくく脱落しにくくなりました。
 強風による建物の被害ですので、今回の工事は火災保険の風災を適用して直しております。
 私たち街の屋根やさんでは、新型コロナウイルス対策をおこなっておりますので、安心して工事をお任せください。
 八王子市中野町で屋根の修理工事をおこないました。
 瓦葺き屋根の側面部分になるケラバが強風で落下してしまったのですが、屋根に葺かれているのは現在では廃盤になっているモニエル瓦でした。モニエル瓦は洋風のセメント瓦で多くの屋根に使用されていましたが、現在では製造されていない為破損したときには交換が出来ません。
 今回破損したケラバ部分は強風によって落下してしまいました。幸いな事に一つは無傷のままでしたので再利用が出来ましたが、割れてしまった部分は他の物と差し替える必要があります。製造されていない瓦ですので新たに注文する事が出来ませんので、以前に葺き替えなどで剥がした際に補修用にストックしておいたものを使用します。正面部分に代替え品を持ってくると目立ってしまうので、裏の見えにくい部分に差し替えようの瓦を設置して正面には裏から剥がした同じものを再取付しました。
 強風によって落ちてしまったのですが、下地に使われている木の腐食が根本の原因でしたので、脱落していないケラバも全て取り外して下地を新しく直します。元々木が使用されていましたが、新しい下地には腐食しにくい樹脂製の物を使用し固定もビスを使用しましたので、今までの様に風の影響も受けにくく脱落しにくくなりました。
 強風による建物の被害ですので、今回の工事は火災保険の風災を適用して直しております。
 私たち街の屋根やさんでは、新型コロナウイルス対策をおこなっておりますので、安心して工事をお任せください。


担当:富田


【工事内容】
屋根補修工事 瓦屋根工事
【工事詳細】
使用材料
ケラバ瓦、樹脂製垂木
施工期間
3日間(足場含む)
築年数
20年
平米数
26m
施工金額
詳しくはお問合せください
お施主様
Y様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
1年間
【工事内容】
屋根補修工事 瓦屋根工事
【工事詳細】
使用材料
ケラバ瓦、樹脂製垂木
施工期間
3日間(足場含む)
築年数
20年
平米数
26m
施工金額
詳しくはお問合せください
お施主様
Y様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
1年間
足場アイコン火災保険アイコン台風アイコン

被害の状況を確認します

ケラバの瓦が脱悪しています 外れたケラバの瓦

 台風の強風によって被害を受けたのは屋根の側面部分のケラバです。昨年の台風の強風によって瓦葺き屋根のケラバが何か所か落ちてしまいました。

 落下した瓦は粉々になっているものもあれば、割れているものもありました。この瓦はモニエル瓦というセメント瓦で、減税では製造されていない廃盤品の瓦です。そのため、新しい瓦を注文する事が出来ませんので今あるものを再利用するか他の物を代替えとして使用する事になります。

 一枚が結構な重さの瓦ですので、他の部分も落ちない様にしなければなりません。

屋根工事には足場が必要です

足場を架けて作業します

 屋根工事をおこなう時には足場が必要になります。特に今回の様な屋根のケラバ部分の工事の場合は、外側に立って作業をおこなう必要がありますので足場は必須です。安全に作業が出来る様にする事と回りへの飛散防止の為です。

下地が腐食していて釘が緩んでいます

外れたのは屋根の側面のケラバです 釘が殆ど効いていません

 台風の強風で落ちたのは屋根の側面に取り付けてあるケラバ瓦です。木下地にケラバの瓦を被せて釘で固定してありますが、木が腐食しているために釘が緩んで乗っているだけの状態になっていました。

 今回の工事ではケラバを一旦全て取り外してから下地の木を交換して元に戻る工事をおこないます。

下地の木が腐食しています 木が腐食しています

 雨水が回って芯木が腐っています。一番酷いところでは触るとボロボロと木が崩れ落ちるくらいでしたので、これでは固定されずにケラバが強風に煽られて落下してしまうのも分かります。

浮いた釘 落下した瓦で他に被害を出しています

 下地が腐食しているので釘が浮いています。釘が効いていませんので上に乗っているだけになっていて衝撃があると簡単に落下してしまいそうです。実際に落下した瓦によって下の屋根の瓦が割れてしまっていました。

下地を木から樹脂製の物へ交換します

腐食した下地を撤去します 屋根の下地に腐食は出ていません

 腐食していた芯木を取り外しましたが、屋根の下地自体には雨水は回っていませんでしたのでケラバ部分の工事で問題ありません。今回の工事では、落下していない部分のケラバ瓦の下地も交換します。

木の替りに腐食しにくい樹脂製の下地を使います

 元々木が使用されていたケラバ瓦の下地を交換するのですが、新しく交換するのは樹脂製の物を使用します。木と違い雨水による腐食がありませんので、今回の根本の原因であった下地が腐って釘が緩んでしまった、という症状が出なくなります。

樹脂製の下地にビスで固定します ビスで固定します

 下地を変えてケラバの瓦を復旧しますが、元々釘で固定されていたのをビス(ネジ)での固定に変えます。ビスはネジ山が切ってあるので引っ張りに強くなりますので、今までの様に簡単に抜ける事が無くなります。また、下地も木から樹脂製の物に変えましたので、下地の腐食の心配も無くなりますので今回の様に固定が緩んで落下する事も無くなります。

ケラバ瓦の工事が完成しました

代替えの瓦で直します

 モニエル瓦は現在製造されていませんので破損しても新たに注文する事が出来ません。今回台風の被害を受けた時にケラバの瓦が落下して割れてしまったので、他の物で代用する事になりました。

 他の建物で葺き替え工事などをおこなった時にストックとして取っておいたケラバ瓦を代用品として使用しました。質感が違うのですが、殆ど見えない建物の裏面に使用して正面には外した同じ素材のケラバを持って行きましたので、違和感なく納める事が出来ました。

 八王子市中野町で台風被害を受けた瓦屋根は、火災保険の風災を適用して屋根修理工事をおこなう事が出来ましたので、台風シーズンに入りましたが安心出来る状態になりました。

 

このページに関連するコンテンツをご紹介

粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

  古くから使用されている屋根材、それはなんといっても「瓦」でしょう。皆さんが瓦と言ってイメージするのは寺社仏閣のような和風建築のものですか?それとも地中海風の建物に見られるオレンジ色のグラデーションのかかった屋根でしょうか?瓦屋根はその形状により分類もできますし、使用している材質によっても分類でき…続きを読む
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要

重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要

 台風などの強風で被害に遭いやすく、他の部分へ被害を拡大してしまうケースも多いのが瓦屋根です。ずれてしまうだけならまだしも、災害の規模が大きいと屋根から瓦が落下してきます。重くて固い瓦が落下すると、まず間違いなく落下地点のものを傷つけ、破壊します。2階屋根から1階屋根に落下すれば、その部分の瓦がほぼ…続きを読む
雪害漫画コンテンツ台風漫画コンテンツ火災保険漫画コンテンツ落葉除けネット漫画コンテンツ
街の屋根やさん多摩川
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒182-0025
        東京都調布市多摩川3-68-1
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん多摩川支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      清瀬市元町で雨漏りを止めるため瓦屋根の葺き直し工事で下地を直しました

      【施工内容】

      瓦屋根工事、屋根葺き直し、雨漏り修理

      江戸川区篠崎町で鬼瓦の損壊で棟の部分取り直し工事を施工、鬼瓦も漆喰で補強し強風対策を行いました

      【施工内容】

      瓦屋根工事、棟瓦取り直し 、漆喰取り直し

      立川市錦町でトタンの腐食が原因で雨漏りしていた玄関の庇を下地から直しました

      【施工内容】

      屋根補修工事、雨漏り修理

      その他の施工事例一覧→

      八王子市と近隣地区の施工事例のご紹介

      町田市本町田で強風で飛ばされた棟板金は火災保険の風災を適用して交換工事しました

      【施工内容】

      棟板金交換

      多摩市聖ヶ丘でチョーキングが出ているスレート屋根の下塗り材にベスコロフィラーを使用して屋根塗装工事

      【施工内容】

      屋根塗装

      町田市金井で雪の被害で歪んだ雨樋を火災保険を適用して雨樋交換工事

      【施工内容】

      雨樋交換

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求

      新型コロナウィルス対策について

      新型コロナウィルス対策について

      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      イオン銀行住宅ローン

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る