無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 立川市柴崎町で雨漏りで腐食した屋根と軒天を部分葺き替え工事で.....

立川市柴崎町で雨漏りで腐食した屋根と軒天を部分葺き替え工事で直しました

【施工前】
葺き替え工事前

【施工後】
葺き替え工事完成

【お問い合わせのきっかけ】
立川市柴崎町で屋根の部分葺き替え工事をおこないました。お問合せのきっかけは、昨年の台風で屋根の板金が取れて落ちてきた、という内容でした。実際に調査してみると落ちてきたのは棟板金なのですが、二階の屋根は瓦葺きで棟板金は使用されておらず、一階の下屋は瓦棒葺きで色も同じ赤系のトタン葺きなのでここかな?と調べても剥がれている部分は見つからず。周りを良く見るとお隣の棟板金が剥がれているのが分かり、台風の強風によって建物を飛び越えてお庭まで飛んできたようです。改めて台風の風の強さを実感しました。きっかけになった棟板金はT様邸のものでないことが分かりましたが、屋根自体は大分劣化していて雨漏りしている様で、その影響によって軒天が完全に崩れ落ちていました。屋根からの雨漏りによって軒裏の下地が腐ってしまい、モルタルの重さで下地ごと剥がれ落ちていました。屋根は部分的にガルバリウム鋼板へ葺き替えて、崩れた軒天も下地を新たに作り直してから同じ様に復旧しました。棟板金が飛んできた事で屋根の不具合にも気付く事ができ、被害を最小限に抑える事が出来ました。これで雨漏りの心配も無くなり安心です。

【工事内容】
屋根葺き替え
【工事詳細】
使用材料
ガルバリウム鋼板
施工期間
7日間
築年数
25年
平米数
14㎡
施工金額

詳しくは
お問い合わせください

詳しくはお問い合わせください

お施主様
T様邸
ハウスメーカーその他
知り合いの大工さん
保証年数
10年間
足場アイコン屋根葺き替え

 

傷みの状態を確認します

下屋の状態を確認します 軒先が腐食している下屋のトタン葺き屋根

飛んできた棟板金はT様邸のものではないことが分かりましたが、一階の屋根は大分腐食している事が確認出来ました。勾配が緩いトタン葺きの屋根は、新しい内は良いのですが、築年数が経過してくると下に葺いてある防水紙(ルーフィング)に傷みが出てしまい、回った雨水によって雨漏りしてしまう事があります。

屋根からの雨漏りによって下地から腐食した軒天

腐食している軒先部分は軒天が下地ごと崩れ落ちていました。本来であれば屋根の下地がしっかりとあるはずなのですが、崩れ落ちた軒裏から屋根の状態を見てみると、屋根材のトタンの裏側が丸見えになっていました。元々あった木下地が腐って落ちてしまった様です。先にここを見ていなければ危うく屋根の上で軒先まで行っていたところでした。もし乗っていたら下地が全然無い状態ですので、屋根ごと崩れ落ちて危険がありました。

軒天にはモルタルが塗ってあり塗装で仕上げてありますが、下地が腐って無くなってしまったので、モルタルの自重で剥がれ落ちた様です。敷地内でほとんど歩く事が無い部分ですのでどこにも被害がありませんでしたが、道路側などで人が通行する所でしたらとても危険な状態です。

今回は腐食している屋根を部分的にガルバリウム鋼板への葺き替え工事のあと、崩れ落ちた軒天も直す事になりました。

 

腐った屋根の下地を作り直します

軒先が雨漏りで腐っているので下地を作り直します

経年による雨漏りによって軒先部分に雨水が溜まり、木の下地が腐っていました。今回はこの腐食した屋根面のみの部分葺き替えなので、新しい屋根も同じ納め方の瓦棒葺きになります。一つ違うのが板金の材質です。元々はトタンが葺かれていましたが、新しい板金はガルバリウム鋼板を使用します。トタンと同じメッキ鋼板ですが、メッキの成分が違う為にサビにくく耐久性が非常に高いのが特徴です。

腐った軒先部分の下地を作ります 瓦棒の間にガルバリウム鋼板の屋根を嵌め込んでいきます

下地を作った後に防水紙(ルーフィング)を葺きます。屋根は、屋根材自体と下に葺いた防水紙(ルーフィング)によって雨水から建物を守っていますので、今回新しい防水紙(ルーフィング)を葺き直しましたので、雨漏りの心配も無くなりました。

 

屋根の部分葺き替えが完成しました

部分葺き替え工事が完成しました

腐食していた木下地も組み直した後に、ガルバリウム鋼板の瓦棒葺きで納めました。今までのトタンと比べてサビ難くなっていますので、工事後のメンテナンスも殆ど必要ありません。

 

屋根を直して雨漏りを止めたら軒天も新しく直します

屋根からの雨漏りで軒天のモルタルが落ちています 屋根が新しく直ったので軒天の下地も新しくします

雨漏りによって腐食していた軒天を、屋根を直して雨漏りを止めましたので作り直していきます。屋根の下地は部分葺き替えの時に直しましたので、今回は軒天の下地を組み直します。木下地を組んでから合板を張って新しい軒天軒天の木下地が出来ました。

下地を直したらモルタルが食いつく様に金網を張ります

合板を張った後に金網を張っていきます。この金網はモルタルを食い付かせる為に張るのですが、金網に食いつく事で剥がれ落ちに憎くしていきます。金網が無ければ軒天にモルタルを塗っても、塗った傍から重さで剥がれてしまう事になります。

金網にモルタルを食いつかせて下地を作ります 塗装工事をおこなって軒天修理工事も完成です

金網の上にモルタルを塗っていきます。金網は軒天下地のべニアにピッタリ付いているのではなく、多少浮かせて張ってありますので、モルタルの中に金網が入りこみ強度が増して剥がれなくなています。モルタルを塗ってから乾燥させて塗装で色合わせをして工事が完了しました。

工事前の剥がれた軒天

下地から作り直した軒天が完成しました

普段の生活で屋根の状態は確認しづらいと思いますが、軒天や外壁などはすぐに不具合に気付くことが出来ます。だからと言って不具合が出た部分だけ直しても、原因がそのままであればすぐに同じ様な不具合が出てしまいます。その為にはなぜこのようになったのか、何が原因なのかをしっかりと突き止めて適切な工事のご提案をさせていただきます。

屋根材は今まで以上に耐久性が上がり、軒天も直しましたので、これで安心出来るとT様にも大変喜んでいただけました。

屋根葺き替え813,000円~(消費税・諸経費別)
街の屋根やさん多摩川
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒182-0025
        東京都調布市多摩川3-68-1
        店舗詳細はこちら
    1. お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      中野区新井でセメント瓦屋根への強風被害を火災保険で修理、葺き替えと軒天補修

      【施工内容】

      屋根葺き替え

      町田市三輪緑山で雨漏りしている廃盤品のセメント瓦葺き屋根は、コロニアルクアッドで部分葺き替えします

      【施工内容】

      屋根葺き替え、雨漏り修理

      東久留米市南沢で不要な工事をされていた瓦屋根をスーパーガルテクトへ葺き替え

      【施工内容】

      屋根葺き替え

      その他の施工事例一覧→

      立川市と近隣地区の施工事例のご紹介

      東大和市蔵敷で瓦屋根の谷樋交換、銅製からカラーステンレスへ

      【施工内容】

      東大和市南街で強風で変形したパラペットの笠木を火災保険を利用して交換

      【施工内容】

      その他の工事

      東大和市上北台で台風で割れた雨樋を火災保険を利用して交換

      【施工内容】

      雨樋交換

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求

      台風10号への備え、できていますか

      台風10号への備え、できていますか

      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東東京
      〒132-0023 東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1階
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      ページトップへ戻る