無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 江戸川区でパラペットのある瓦屋根雨漏りを屋根部分葺き直しと際.....

江戸川区でパラペットのある瓦屋根雨漏りを屋根部分葺き直しと際谷加工で雨漏り改修工事

【施工前】
穴の開いた防水シート

【施工後】
敷き直した防水シート

【お問い合わせのきっかけ】


担当:渡辺


江戸川区のM様のお住まいは三階建ての住宅です。屋根はパラペットのある和瓦葺きの屋根となっております。以前から若干の雨漏りにお悩みだったそうですが、軽微だったこともあり建築知識のあるお知り合いに修理を依頼されて対応をされていたそうです。ただ、ここ最近の強力な台風が続いたせいか雨漏りも酷くなってきてしまいどこに頼んだらよいのか?とお困りになられインターネットで弊社をご覧いただき雨漏り改修工事調査のご依頼を頂きました。調査に伺ってまず気になったのはパラペットです。パラペットと屋根の際が良く雨漏りを起こすことが多いからなのですが、実際もM様のパラペットと瓦屋根の際から雨漏りが発生しておりました。調査の写真と雨漏りの発生原因を図に描いてご説明差し上げてご納得を頂き、雨漏りを起こしている際谷の加工とその工事に伴う瓦屋根部分葺き直し、棟部分取直し工事のご依頼を頂きました。工事後、本格的な雨が降っていないため雨漏りはもちろんしておりませんが原因はシッカリと取り除いておりますのでM様にもご安心していただいております。
江戸川区のM様のお住まいは三階建ての住宅です。屋根はパラペットのある和瓦葺きの屋根となっております。以前から若干の雨漏りにお悩みだったそうですが、軽微だったこともあり建築知識のあるお知り合いに修理を依頼されて対応をされていたそうです。ただ、ここ最近の強力な台風が続いたせいか雨漏りも酷くなってきてしまいどこに頼んだらよいのか?とお困りになられインターネットで弊社をご覧いただき雨漏り改修工事調査のご依頼を頂きました。調査に伺ってまず気になったのはパラペットです。パラペットと屋根の際が良く雨漏りを起こすことが多いからなのですが、実際もM様のパラペットと瓦屋根の際から雨漏りが発生しておりました。調査の写真と雨漏りの発生原因を図に描いてご説明差し上げてご納得を頂き、雨漏りを起こしている際谷の加工とその工事に伴う瓦屋根部分葺き直し、棟部分取直し工事のご依頼を頂きました。工事後、本格的な雨が降っていないため雨漏りはもちろんしておりませんが原因はシッカリと取り除いておりますのでM様にもご安心していただいております。


担当:渡辺


【工事内容】
屋根葺き直し その他の工事 際谷加工工事
【工事詳細】
使用材料
改質アスファルトルーフィング,軽量シルガード,ガルバリウム鋼板製際谷(加工品)
施工期間
2日間
平米数
10㎡
お施主様
M様邸
【工事内容】
屋根葺き直し その他の工事 際谷加工工事
【工事詳細】
使用材料
改質アスファルトルーフィング,軽量シルガード,ガルバリウム鋼板製際谷(加工品)
施工期間
2日間
平米数
10㎡
お施主様
M様邸

【雨漏りの原因を調査】

雨漏り室内の様子 雨漏り瓦屋根の様子

三階のすぐ屋根の下の部屋の天井に大きな雨漏りの跡がありました。部屋の中心から少し離れた場所ですが窓際に近い部分でした。中心に近いということは「棟」廻りも雨漏りの原因になっている可能性があります。部屋の雨漏り位置を頭に入れながら、屋根の上の調査に入らせていただきました。屋根の上はビックリするほど見た目はキレイで瓦の割れや棟の崩れ、もちろん瓦のズレさえありませんでした。棟付近にある汚れはアンテナが立っていた部分で錆び汁による汚れと思われます。

瓦屋根棟巴の様子 パラペット際の様子

屋根の妻側はパラペットになっておりました。屋根表面は全く問題が無かったことを考えると原因はこのパラペット廻りしか考えられませんでした。そこでパラペット廻りで雨漏りを起こしている瓦を数枚外してみるとM様邸の雨漏りの原因が見えて参りました。

パラペット際瓦脱着

瓦とパラペットの間は板金で谷が作られています。その谷に不自然な汚れや泥のような物の堆積している跡が見受けられました。また、雨漏りを防ぐはずの防水シートも一部が破け野地板が見えてしまっている部分も発見されました。

防水紙の破れ

この堆積している泥のようなものは棟の内部の土が流失したもの考えられます。私どもの作成している瓦屋根の棟取直しのブログや施工事例でも出ている通り、瓦屋根の棟の内部には「土」が入っていることがわかると思いますが、M様邸の雨漏りも棟の端の「巴」部分の蓋になっていた漆喰が脱落し、内部の土が風雨により崩れ、パラペットと瓦の間の雨水を排出させる「谷」を堰き止めたことで瓦側に雨水が流入し破けていた防水シートの部分から天井内部に流れ込んだことが原因と考えれました。

【雨漏りを改修する工事(屋根部分葺き直し)】

調査から、M様邸の雨漏りを改修するには、最低限雨漏りを起こしている部分の屋根「部分葺き直し」が必要となり、そのためには棟の一部を解体、部分葺き直しをする部分の瓦を脱着、新しい改質アスファルトルーフィング(防水シート)を敷設、防腐剤を注入した瓦桟(瓦を引っ掛けるための木材)設置、そして今回の工事の要でもある「瓦側に雨水が流れ込みにくくするために瓦側への板金の立ち上げを既存品よりも高くしたガルバリウム鋼板製際谷」の加工品を設置していきます。

棟解体 瓦脱着後の様子

「工事手順その①」 既存瓦棟を解体(約2m)。冠瓦を外し、のし瓦も外すと際谷を詰まらせた原因にもなった「土」が露わになります。完全に平瓦も外した状態を見ると際谷の途中、2カ所で防水シートが他よりもキレイになっている部分が見られます。キレイになっている防水シート部分に雨水が流れ込んだと思われます。棟に近い側が大きな雨漏り跡を作った部分です。

新規防水シート敷設 新規瓦桟打設

「工事手順その②」  既存の瓦桟を撤去し、部分葺き直しをする面に新しい防水シート(改質アスファルトルーフィング)を敷きます。そこに外した平瓦を戻していきますが、瓦を引っ掛けるための新しい瓦桟を設置いたします。瓦桟に使用されている木材は腐食に強く成る様に防虫防腐剤を浸透させたものを使用しています。

ガルバ板金加工品取付

「工事手順その③」 今回の工事の目玉とも言える「際谷板金設置工事」です。既存谷は残しつつ上に被せてはおりますが、瓦側に来る板金の立上りを既存の物より高く作成し水が瓦側に入りにくいようにしております。万一、ゲリラ豪雨で谷の排水許容量を超えて瓦側に入るようなことが有ったとしても防水シートを新しくしておりますので雨漏りに繋がる可能性は極めて低くなります。

棟取直し南蛮漆喰 棟取直し中

工事手順その④ 平瓦も戻し、板金も施工し終わった後は最後の工程となる「棟積み上げ」になります。既存は棟の中心部に粘土を盛りつけているのは最初の解体の工程でも出ていたのでお解りかと思いますが新規の棟は粘土にあたる部分から粘土を覆う形で施工される「しっくい」の部分までも一体型ですむ「南蛮しっくい」の一種「軽量シルガード」を使用して積み上げを行っております。

面積も大きくない部分葺き直し工事だったので、工事期間は2日間で終了となりました。冬場のこの時期は雨が降ることも非常に少ないため屋根工事など天候に左右されやすい工事を行うには最適かもしれません。

 

【工事完了後】

銅線部分

棟をとりなおした部分と取り直していない部分は銅線の色でわかります。取り直していない棟もシッカリとしており棟瓦のズレなども起こしておりません。

巴部分

棟の端の部分、巴(ともえ)が崩れ、今回の雨漏りの原因になっておりました。南蛮しっくい(軽量シルガー)とシリコンコーキングを使い頑丈に修理しています。

谷部分

瓦側の立ち上がりを高くした錆に強く丈夫なガルバリウム鋼板製の谷板金を使用いたしました。瓦側への雨の浸入も余程の事が無い限り起こらないでしょう。

 

このページに関連するコンテンツをご紹介

4つのチェックポイントで瓦屋根の点検・メンテナンスのタイミングを知ろう

4つのチェックポイントで瓦屋根の点検・メンテナンスのタイミングを知ろう

 瓦屋根というと半世紀、またはそれ以上もの耐用年数を期待できる大変寿命の長い屋根材ですよね。そのため瓦屋根にお住まいの方の中にはどうしてもメンテナンスが怠りがちになってしまっているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし瓦屋根と言えども経年劣化がまったくないかというとそうではありませんし、…続きを読む
粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

  古くから使用されている屋根材、それはなんといっても「瓦」でしょう。皆さんが瓦と言ってイメージするのは寺社仏閣のような和風建築のものですか?それとも地中海風の建物に見られるオレンジ色のグラデーションのかかった屋根でしょうか?瓦屋根はその形状により分類もできますし、使用している材質によっても分類でき…続きを読む
雨漏りの原因となりやすいパラペット、メンテナンスは必須です

雨漏りの原因となりやすいパラペット、メンテナンスは必須です

 誰しも一度はビルの屋上に上がったことがあるのではないでしょうか。一般的にビルの屋上は陸屋根と呼ばれるほぼ平らな屋根で、ほぼ傾斜がありません。そして、その外周部は建物によって違いますが、低い壁か高い壁で取り囲まれていることがほとんどです。低い壁の場合、その上に手摺りが設置されていなければ歩行可能な屋…続きを読む
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要

重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要

 台風などの強風で被害に遭いやすく、他の部分へ被害を拡大してしまうケースも多いのが瓦屋根です。ずれてしまうだけならまだしも、災害の規模が大きいと屋根から瓦が落下してきます。重くて固い瓦が落下すると、まず間違いなく落下地点のものを傷つけ、破壊します。2階屋根から1階屋根に落下すれば、その部分の瓦がほぼ…続きを読む
瓦屋根のさまざまな補修とリフォームの費用と価格

瓦屋根のさまざまな補修とリフォームの費用と価格

 瓦に飛来物が当たり割れてしまった場合、また風によって少しずれてしまっている場合、雨漏りが起きていなくとも防水紙の劣化に繋がりますので、補修は必要です。瓦の差し替え工事瓦の並び戻し工事 漆喰が剥がれることによって内部の土が露出し、雨水で流れ出てしまいます。そのまま放置してしまうと棟自体の並びも変形・…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む
これまでの瓦を再利用!瓦屋根葺き直しの2つのメリット・デメリット

これまでの瓦を再利用!瓦屋根葺き直しの2つのメリット・デメリット

これまでの瓦を再利用して屋根を葺き替えるから地球に優しい 一旦、屋根材(瓦・天然スレート)を取り外し、防水紙や野地板を交換・補修してから、これまでの屋根材を再利用して屋根を葺き直す工事です。既存の屋根材を新しい屋根材に交換する屋根葺き替えと似ていますが、これまでの屋根材を再利用するところが大きく違い…続きを読む
雪害漫画コンテンツ落葉除けネット漫画コンテンツ
街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん東東京支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      江戸川区中央で雨漏りの発生から屋根の棟及び瓦の部分葺き直し工事で解消致しました

      【施工内容】

      屋根葺き直し、棟瓦取り直し 

      世田谷区深沢で雨水でボロボロになった階段をタキステップで仕上げます

      【施工内容】

      その他の工事

      清瀬市元町で雨漏りを止めるため瓦屋根の葺き直し工事で下地を直しました

      【施工内容】

      瓦屋根工事、屋根葺き直し、雨漏り修理

      その他の施工事例一覧→

      江東区と近隣地区の施工事例のご紹介

      江戸川区平井で勾配の取れていないベランダに勾配を作成しウレタン塗膜防水工事にいたしました

      【施工内容】

      雨漏り修理、防水工事

      台東区千束で屋根葺き替え工事、アイジー工業のスーパーガルテクトで施工致しました

      【施工内容】

      屋根葺き替え、ガルバリウム鋼板、瓦屋根から金属屋根へ葺き替え工事

      江戸川区篠崎町で鬼瓦の損壊で棟の部分取り直し工事を施工、鬼瓦も漆喰で補強し強風対策を行いました

      【施工内容】

      瓦屋根工事、棟瓦取り直し 、漆喰取り直し

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求

      新型コロナウィルス対策について

      新型コロナウィルス対策について

      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      イオン銀行住宅ローン

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る