点検・調査・お問い合わせ
無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 荒川区で強風で飛びかけた庇と棟板金をカバー工法と交換で修理しました

荒川区で強風で飛びかけた庇と棟板金をカバー工法と交換で修理しました

【施工前】
軒先の剥がれた庇

【施工後】
ヒランビーでカバー工事

【お問い合わせのきっかけ】
台風の時に「庇の鉄板が飛びそうになって困っている」と言うのが、T様からのお問い合わせの内容でした。築年数も相応に経過している家屋とのことでとても心配されていらっしゃいました。調査にお伺いした所、庇の軒先が腐食により無くなっておりそのことが原因で強風に煽られたようです。また、屋根の上の方からも「パタパタ」いった音がするとの事で見させて頂くと、棟板金が経年にて庇同様に剥がれかけていることがわかりました。対処法として、庇には軒先を補強しガルバリウム鋼板横葺き屋根材「ヒランビー」にてカバー工事、棟は新規棟板金交換工事を行うことになりました。

【工事内容】
屋根補修工事
【工事詳細】
使用材料
INAGAKIヒランビー、ガルバリウム鋼板棟板金
施工期間
1日
お施主様
T様邸

【点検】

荒川区庇点検、棟点検002 荒川区庇点検、棟点検001

台風の強風に煽られていた庇の軒先を見てみると、軒先がかなり腐食してしまっていることがわかります。樋に雨水を落とす役割の唐草も完全に朽ちてしまっています。これでは恐らく屋根内部にも雨水が浸入して木部が傷んでいる可能性があります。

荒川区庇点検、棟点検003 荒川区庇点検、棟点検004

庇の鉄板を釘止めしてある部分も、風に煽られたためか釘が浮いていたり、無くなってしまっていたりしました。鋼板部分は定期的な塗装や確認が重要であることがわかります。

 

「パタパタ」と音のする屋根は、瓦棒屋根でした。庇と同様にこちらの素材も鋼板です。鋼板に必ず付きまとうのは「錆」ですね。錆を防ぐことが鋼板材を長持ちさせるポイントです。

 

どのくらいの期間塗装されていなかったかはわかりませんが、棟板金の頂点部分と貫板と釘止めする部分は完全に鋼板が無くなってしまっていました。このため風で「パタパタ」なってしまっていたものと考えられます。幸い雨漏りはしていないとの事でしたので一安心です。

【工事】

荒川区庇工事、棟工事001 

まずは、庇側の工事に取り掛かります。軒先の補修もあるため、脚立足場を簡単に仮設し作業開始です。今回の工事はこの庇が飛ばない様にすることと、当然雨漏りの無いようにすることが目的となります。既存状態で雨漏りをしていないとの事で、錆に強いガルバリウム鋼板横葺き屋根材「ヒランビー」を使用してカバー工事を行います。

 

庇の軒先部分は板金バサミで切除し軒先に補強の木材を入れてビス止めします。調査時に心配をしていた内部木材の「タルキ」はやはり軒先部分は腐食により無くなってしまっているところもあって固定には少々てこずりましたが新しい唐草水切りとケラバ水切りを設置して行くことが出来ました。

 

ある程度想定はしていたものの、改修工事には付き物の症状と言えます。ここからは通常の屋根カバー工事と同じような工程となっていきます。既存鋼板庇の上に遅延接着型ルーフィングタディスセルフを敷設しました。

 

軒先はご覧の通り上手く収めることが出来ました。一部崩れてしまったモルタル製の鼻隠し部分はコーキングとパテを用いて補修を行いました。最後は壁際の取り合い部分へのシーリングをおこなって庇カバー工事は終了です。

荒川区庇工事、棟工事mune004 荒川区庇工事、棟工事mune001

続いて、棟板金交換工事に移ります。既存の棟板金と貫板を撤去して新しい貫板をビス止めしていきます。既存の貫板は見た目こそ年数を感じますが、板金が穴が開いていたことが良かったのか?意外にも蒸けていなかったのには驚きでした。

荒川区庇工事、棟工事mune002 荒川区庇工事、棟工事mune003

貫板を固定したら、新しいガルバリウム鋼板製の棟板金を被せていきます。今までの鋼板より錆に強いガルバリウム鋼板製に変更していますので早々錆びてしまうこともないでしょう。また板金の固定もシッカリとステンレス製ビスで貫板に固定しているので強風でも安心です。T様にも安心して頂けました。

 

 

【工事完了後】

庇カバー工事完了

INAGAKIヒランビーを使用して庇をカバー工事いたしました。横葺き屋根材ですから勾配は2.5寸以上でないと好ましくありません。

瓦屋根部分との際は屋根材を立ち上げて処理しています。もともとある谷板金を生かす形での処理です。

庇カバー工事、瓦部分との取り合い

瓦屋根部分との際は屋根材を立ち上げて処理しています。もともとある谷板金を生かす形での処理です。

棟板金交換工事終了

棟板金の固定は必ずステンレスビスを使用しています。ビスは釘に比べて断然に保持力が高いため強風でも飛散する心配は極めて少なくなります。

街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
    1. 街の屋根やさん大田店

      1. 電話 0120-989-936
        1. 〒145-0071
          東京都大田区田園調布1-5-5 1F
      1. お問い合わせはこちらから

        あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

         街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

        このページと共通する工事内容の新着施工事例

        墨田区でプレスセメント瓦から嵌合式屋根材への屋根葺き替え工事でリノベーション

        【施工内容】

        屋根補修工事、瓦屋根工事、金属屋根工事、瓦屋根補修工事、瓦屋根葺き替え、金属屋根葺き替え工事、雨樋交換、雨漏り修理、天窓工事

        荒川区の雹害復旧の機会に瓦棒屋根葺き替え工事と外壁塗装メンテナンスを実施

        【施工内容】

        屋根補修工事、瓦屋根工事、金属屋根工事、瓦屋根補修工事、金属屋根補修工事、屋根葺き替え、金属屋根葺き替え工事、雨樋交換、雨漏り修理、雹災害

        葛飾区で雹害復旧に火災保険を利用、屋根カバー・外壁塗装・雨樋交換など外装リフォーム

        【施工内容】

        屋根補修工事、スレート屋根工事、屋根カバー工事、雨樋交換、防水工事

        その他の施工事例一覧→

        荒川区と近隣地区の施工事例のご紹介

        文京区での窓周辺からの雨漏りをシーリング補修と雨樋清掃作業で解消

        【施工内容】

        雨漏り修理

        台東区で雹による雨樋のズレを交換工事で改善!高圧洗浄で雨だれを解消!!

        【施工内容】

        雨樋交換

        北区での強風被害、飛散した棟板金を交換し、悪天候に強い屋根へ

        【施工内容】

        棟板金交換

        その他の施工事例一覧→

        屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

        お問い合わせ・資料請求
        • 屋根リフォームの流れ
        • 徹底したお住まい調査
        • 不安ゼロ宣

言
        • 屋根のお役立ち情報
        • 当社のご案内
        • 屋根の資料請求

        点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

        株式会社シェアテック
        街の屋根やさん東東京
        〒132-0023 東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1階
        TEL :0120-989-936 
        E-mail : info@sharetech.co.jp
        街の屋根やさん東京大田
        〒145-0071 東京都大田区田園調布1-5-5 1F
        TEL :0120-989-936 
        E-mail : info@sharetech.co.jp
        ページトップへ戻る