無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 葛飾区|瓦のずれ・漆喰の剥がれを漆喰取り直し工事で解消!

葛飾区|瓦のずれ・漆喰の剥がれを漆喰取り直し工事で解消!

【施工前】
瓦崩壊,漆喰補修

【施工後】
漆喰取り直し工事,完工

【お問い合わせのきっかけ】


担当:白石


築30年近く経過した和風住宅です。瓦のずれと漆喰の剥がれが気になり、補修のお見積依頼を承りました。
築30年近く経過した和風住宅です。瓦のずれと漆喰の剥がれが気になり、補修のお見積依頼を承りました。


担当:白石


【工事内容】
屋根補修工事 瓦屋根工事 瓦屋根補修工事 漆喰取り直し
【工事詳細】
お施主様
S様邸
【工事内容】
屋根補修工事 瓦屋根工事 瓦屋根補修工事 漆喰取り直し
【工事詳細】
お施主様
S様邸
足場アイコン

【点検の様子】

 

下屋,のし瓦,ずれ のし瓦

東京都葛飾区の2階建て住宅です。築30年近くは経過しているようで、瓦のずれが目立ってきたので補修をご検討されているようです。

現在雨漏りは起きていないのですが、瓦のずれは雨漏りのリスクを高めますので一時的ではありますが、ブルーシートで養生をしました。

最も瓦のずれが目立つのは1階屋根(下屋)の外壁との取り合いです。

瓦と外壁の取り合いは、外壁から伝った雨水が瓦の内部に入り込まないように、まず水切鉄板が取り付けられています。

瓦と水切りの間には、南蛮漆喰やモルタルを詰めのし瓦を取りつけています。

のし,ずれ 漆喰

こののし瓦の部分がずれる原因は、漆喰の劣化です。漆喰で瓦の並びを維持しているのですが、経年劣化によってひび割れ等を起こし漆喰が剥がれることで、瓦が少しずつ崩れてしまったようです。

崩れていない場所を確認しても、すでに漆喰が無いことが分かります。

棟漆喰 漆喰硬化

漆喰の補修工事はおよそ10~15年毎に施工するのが好ましいと言われています。漆喰の寿命は実際20年程度と言われているようですが、雨風や建物の揺れはお住いによって違いますので、少し早めに状態確認を行っていきましょう。

のし瓦の漆喰が剥がれていましたので、他の部分が剥がれていることは充分に考えられます。

棟瓦同士の継ぎ目に施工されていた漆喰は、ひびが入り隙間を埋める役割を果たしていません。この状態では雨水は入り放題ですので、しっかりと保護をし直してあげる事が重要です。

【漆喰取り直し工事】

既に瓦がずれている状態に、漆喰を詰めるだけで補修出来るわけがありません。瓦の並びが酷い場合は必ず、瓦を外し漆喰の取り直し工事が必要です。

漆喰撤去 清掃

まず、のし瓦を全て撤去していきます。水切りは躯体に入っている為動かすことはできません。新築の際には瓦が優先的に施工する事が出来るのですが、補修の際には水切りにあわせなくてはなりませんので施工難易度は難しくなります。

瓦を剥がすと、内部の泥がボロボロと出ているのが分かりますね。この流れ出てしまった泥の分もしっかり詰め直す必要があります。

漆喰,水糸 漆喰詰め

まず、水糸を張って仕上がりがまっすぐになるように下地を整えます。予め漆喰を詰め、のし瓦を1段ずつ高さをそろえて取り付け直していきます。

1段目と2段目では必ず、下段が広く外側に出るように施工されます。そうすることで雨水が内部に入らずに、軒側に流れるように施工が出来るのです。

今回補修に使用したのはなんばん漆喰です。

 

【なんばん(南蛮)漆喰とは?】

屋根には漆喰!という印象は強いのですが、南蛮漆喰と「結局何が違うの?」と不安がありますよね。

漆喰とは、海藻と麻すさを混ぜて作られお寺や城郭に使用されていた本漆喰の事を指します。

そして南蛮漆喰とは漆喰に油やシリコンを混ぜたものです。本漆喰よりも防水性に優れ屋根用の漆喰にも位置付けられているようです。

雨水にさらされる屋根の施工には南蛮漆喰の方が、耐久性・機能性共に向いているでしょう。

のし瓦 漆喰取り直し工事

予め内部に漆喰を詰めていますが、のし瓦を積むとまた形が崩れてしまいますので、再度漆喰詰め直し工事を行い、表面を綺麗に整えていきます。

瓦のずれを全て矯正し、漆喰取り直し工事は完了です。この工事の事を棟瓦の取り直し工事とも言います。

のし瓦に限らず棟瓦のずれがある場合は、一度取り外して積み直す施工を行っていく必要があります。

瓦屋根の状態に合わせて補修方法は変わっていきますので、補修にお悩みの点がある方はお気軽にご相談ください。

このページに関連するコンテンツをご紹介

粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

  古くから使用されている屋根材、それはなんといっても「瓦」でしょう。皆さんが瓦と言ってイメージするのは寺社仏閣のような和風建築のものですか?それとも地中海風の建物に見られるオレンジ色のグラデーションのかかった屋根でしょうか?瓦屋根はその形状により分類もできますし、使用している材質によっても分類でき…続きを読む
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要

重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要

 台風などの強風で被害に遭いやすく、他の部分へ被害を拡大してしまうケースも多いのが瓦屋根です。ずれてしまうだけならまだしも、災害の規模が大きいと屋根から瓦が落下してきます。重くて固い瓦が落下すると、まず間違いなく落下地点のものを傷つけ、破壊します。2階屋根から1階屋根に落下すれば、その部分の瓦がほぼ…続きを読む
雪害漫画コンテンツ落葉除けネット漫画コンテンツ
街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん東東京支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      墨田区立花で令和元年東日本台風のご被害で棟瓦が損壊、雨漏りの発生に伴い棟取り直しと部分葺き直しを施工

      【施工内容】

      瓦屋根工事、屋根葺き直し、棟瓦取り直し 

      調布市深大寺元町で下地が腐食したかわらUの棟をガルバリウム鋼板の棟板金へ交換工事

      【施工内容】

      屋根補修工事、棟板金交換

      杉並区阿佐谷北で強風の被害を受けた波板をポリカーボネートで張り替えます

      【施工内容】

      屋根補修工事

      その他の施工事例一覧→

      葛飾区と近隣地区の施工事例のご紹介

      江戸川区鹿骨で令和元年東日本台風のご被害で波板屋根が損壊、火災保険で修繕致しました

      【施工内容】

      足立区西新井で昨年の台風19号(令和元年東日本台風)で被害を受けた棟板金を火災保険を使って交換しました

      【施工内容】

      棟板金交換、ガルバリウム鋼板

      江戸川区篠崎で瓦屋根の棟しっくい崩れが原因で雨樋詰まりが発生、乾式工法で棟の取り直し工事を行いました

      【施工内容】

      棟瓦取り直し 

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求

      新型コロナウィルス対策について

      新型コロナウィルス対策について

      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      イオン銀行住宅ローン

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る