無題ドキュメント

HOME > ブログ > 港区白金台で発生した雨漏りは外壁に生じた割れと取り合いの隙間.....

港区白金台で発生した雨漏りは外壁に生じた割れと取り合いの隙間が原因

更新日:2020年6月12日

港区白金台にて雨漏りがしているというお宅へ伺いました。二階の押し入れ天井に雨染みができ始めているそうです。早速、屋根を点検させていただきました。

雨漏りの原因は?

壁材が剥がれている 取り合いの隙間が雨漏りの原因?

多くの屋根は家の上に覆いかぶさるように載っていますが、こちらのお宅は片側の外壁が屋根よりも高く作られたデザインです。お家の後ろ側から見ると、壁の裏に屋根がくっついているような造りになっています。その屋根と外壁の接面あたりの外壁が割れて崩れかけていました。また、接合部分もひび割れしています。シーリングが充填されていたようですが、劣化して大部分は剥がれてしまっているようです。

取り合いのシーリングが剥がれている

ここから雨水が染み込むようになって、雨漏りしてしまっている可能性があります。外壁を修復し、接合部分も板金で覆うなどして対策する必要がありそうです。こういった、違う素材同士がくっついている箇所(取り合いとも呼びます)はその隙間が露出しないよう気を付けなければいけない部分です。

シーリングの劣化に注意

スレート葺きの屋根 劣化したシーリング

屋根はそれほど古くないこともあり、他に大きな問題は見つかりませんでした。しかし、所々に使われているシーリングはやはり劣化し始めているようです。一度剥がして充填し直した方が良いでしょう。特に、屋根の頂部にかぶせられている棟板金は雨風の影響を受けやすいので、こまめな点検とメンテナンスをすることで大きな被害を避けなければなりません。また、そろそろ屋根塗装を考えても良い頃です。新たに塗膜を作り防水性を保つことでスレート屋根材は長持ちします。デザインにこだわった素敵なお家、ぜひ大事にお手入れして安心して住み続けていただきたいですね。また、こういった特殊なデザインではなくても、1階屋根と外壁の接合部分など、よくある住宅でも似たようなことが起こることがあります。注意しましょう。

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

国分寺市東元町で雨漏り修理のため瓦屋根の葺き直し工事と壁の板金張替え工事

【施工内容】

瓦屋根工事、屋根葺き直し、雨漏り修理

豊島区南長崎で屋上陸屋根に高耐久のウレタン塗膜防水塗料ダイフレックスエバーコートZero-1Hを使って通気緩衝工法の防水工事を行いました

【施工内容】

陸屋根工事 、雨漏り修理、防水工事

調布市下石原で葺き直し工事で瓦葺きのアパートの雨漏りを止めました

【施工内容】

屋根葺き直し、雨漏り修理

その他の施工事例一覧→

港区と近隣地区の施工事例のご紹介

渋谷区幡ヶ谷でサビて穴が空いたアパートの瓦棒屋根をガルバリウム鋼板で葺き替え工事

【施工内容】

屋根葺き替え

江東区東砂で築20年のお宅の陸屋根屋上の防水工事、ウレタン防水通気緩衝工法で施工致しました

【施工内容】

防水工事

新宿区高田馬場で釘が抜けて浮いたトタンの棟板金をガルバリウム鋼板製の棟板金に交換しました

【施工内容】

棟板金交換

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る