無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 荒川区|ウレタン防水工事(通気緩衝工法)と天窓シーリングで雨.....

荒川区|ウレタン防水工事(通気緩衝工法)と天窓シーリングで雨漏り解消

【施工前】
防水工事前

【施工後】
防水,通気緩衝工法

【お問い合わせのきっかけ】


担当:富田


荒川区のお客様からのお問い合わせです。雨漏りをしていて他の業者からも屋上の防水の劣化によるものと調査報告は頂いているようです。しかし、本当か?防水工事をすることで直るのか?と疑心暗鬼になり弊社にお問い合わせを頂きました。
荒川区のお客様からのお問い合わせです。雨漏りをしていて他の業者からも屋上の防水の劣化によるものと調査報告は頂いているようです。しかし、本当か?防水工事をすることで直るのか?と疑心暗鬼になり弊社にお問い合わせを頂きました。


担当:富田


【工事内容】
防水工事
【工事詳細】
お施主様
Y様
【工事内容】
防水工事
【工事詳細】
お施主様
Y様
防水工事

【点検の様子】

点検 エアコン

雨漏りに関しての専門業者に依頼し、散水検査まで行った上で雨漏りの原因は防水層の劣化と言われたようです。ほかに原因が無いのか?防水工事を行えば完全に止まるのか?と不安になってしまったようで、今回弊社にお問い合わせを頂きました。

まず防水層は間違いないとして、問題となるのは絡みの有る場所です。たとえば、この笠木の内部に雨水が入り込んでいる状態であれば、防水層だけでなく笠木の補修工事も必要となります。しかし、もともと笠木の立ち上がりが短い為に、雨水の侵入は充分考えられます。

室外機がある場合は汚れが溜まりやすく、水分の滞留時間が長くなりますので防水も傷みやすくなります。施工の際には移動もしくは台に乗せ下端の施工が可能なように致します。

破風板 点検

防水層以外にも原因があるのではないか?という心配はあながち間違ってはいません。いつどこから雨水が入ってきているのかを判断するのは難しいからです。外側から笠木に向かって吹き込んでいたら、壁の細かいクラックから入り込んでいるのかもしれない、天窓のサッシ廻りから入り込んでいるかもしれない等可能性はどこにでもあります。

ひび割れ 亀裂

このようにウレタン防水に亀裂が入っている場合や、何か補修跡がありますが、その隙間に入れば雨漏りは起きてしまいます。今回は笠木までのウレタン塗膜防水はもちろん施工致しますが、補修跡の撤去と天窓周りのシーリングまで施工致します。

防水工事の際には高圧洗浄を行いますので、お客様のご希望、玄関周りと擁壁まで洗浄いたします。またウレタン防水は下地が水分を含んでいると、膨張した時に膨れを起こします。塗膜が膨れ切れてしまうと意味がありませんので、通気緩衝工法、下地の水蒸気を逃がす為の施工を行います。

 

【荒川区 通気緩衝工法 ウレタン塗膜防水工事】

高圧洗浄 洗浄

高圧洗浄前 洗浄後

まず防水層と玄関周りの洗浄を行います。塗装もそうですが、付着物がある事によって塗膜の密着性が悪く、性能を存分に発揮できません。しっかりと汚れを落とし乾燥させた後にようやく施工が出来ます。

玄関周りのタイルと擁壁を洗い流し綺麗にした様子がこちらです。擁壁の付着物は細かい溝に入っているのでこれ以上は塗装でないと綺麗に出来ませんが、雨水の流れ染みはだいぶ薄く出来ました。

穴あき プライマー

乾燥後、まずは笠木の補修です。穴あきや継ぎ目の部分は雨水が入り込まないようにプライマー後シーリングで塞いでいきます。

補強布 シーリング

万全を期してメッシュで補強後、防水処理を行います。この後、笠木が内部で錆びないように錆止め塗料の塗布を行い、下地調整を行います。

天窓シーリング

天窓はサッシ廻り・ガラス周りのシーリングを行いました。フィックスタイプは動かすことは出来ませんので、しっかりと施工をすることで雨水の侵入のリスクは最大限に抑えられます。

下地処理 笠木防水

錆止め塗装後の笠木の上にまずは樹脂モルタルを流します。防水施工は通常のバルコニーでも立ち上がりから施工するのが基本です。笠木をしっかり覆い下地を整える為にまずは1層目を塗っていきます。

補強布 メッシュ

乾燥後は補強の為にメッシュをかけ、もう一度樹脂モルタルを流します。こうして何層も重ねることで、笠木は鉄部としてではなく、防水層の立ち上がりとして活用出来ます。素材が違というだけで隙間を作りやすくなってしまいます。その為、まずは下地の素材を同じになるように施工致しました。

メッシュ 通気緩衝工法

続いて平場は通気緩衝シートを張っていきます。ここにウレタン塗膜防水を流しても、下地の防水層とは密着していないため空間ができます。水分が蒸発した時にはその空間に留まり、脱気盤を通って外部に放出します。走することで防水層は膨らまず、防水層を綺麗に保つことが出来ます。

ウレタン防水 脱気盤

ウレタン塗膜防水は2層です。笠木部分から施工し、平場に移っていきます。通気緩衝シートを張ったときに脱気盤を取り付けましたが、まだ汚れる恐れがある為蓋は付けたままです。

ウレタン防水 トップコート

2層目の塗膜防水を流し、最後にトップコートを流し、耐久性を十分に保ちます。トップコートが終わり次第脱気盤の養生シートを剥がし充分に排気が出来るようにします。脱気盤は外部からの水蒸気を一切入れずに内部の水蒸気を出す為だけに取り付けられています。屋根の棟板金部に取り付ける換気棟と同じ役割を果たしています。住宅のいたるところにあえて設ける隙間というのがあるのですね。

トップコート 防水後,散水

こちらはドレンです。改修工事には必ず交換してください。そしてしっかりと水が底に流れるのか確認をしてください。防水層に逆勾配があると、せっかくのウレタン塗膜防水が全て水の泡です。

 

水流れ

施工完了後にホースで水を流し、雨漏りの有無とドレンに水が流れていく事を確認します。

以上でウレタン塗膜防水工事は完了です。荒川区で雨漏りにお悩みの方、防水工事をご検討中の方、施工に関してのご質問はお気軽に街の屋根やさんへご相談ください。実際に現地を調査した上で最適なメンテナンス方法をご提案させて頂きます!

 

 

 

このページに関連するコンテンツをご紹介

屋根工事と雨漏り補修に必要なシーリングやコーキングの種類と使用法

屋根工事と雨漏り補修に必要なシーリングやコーキングの種類と使用法

 一般的な戸建て住宅だけでなく、ビルなどの建物においてもさまざまな箇所に使われているのがコーキング剤やシーリング材と呼ばれる充填剤です。容器に入っている時は半固体状の粘弾性を持ち、乾燥して固まるとゴムのような弾性を持つ物質になります。主に建築資材と資材の隙間に充填され、それらの接触による破損を防ぐ緩衝材として利用されたり、漏水を防ぐ目的で使用されます。 基本的にシーリングとコーキングは同じものと考えて問題ありま…続きを読む
古くなった天窓のお困り事・お悩み事、全て解決致します!

古くなった天窓のお困り事・お悩み事、全て解決致します!

※窓枠のコーキング充填や水切りの交換、天窓周辺の清掃といったメンテナンスの価格となります。  「空からの光が入ってきてとっても開放的!!」 新築時にそんなメリットを感じた天窓(トップライト)も築年数が経ってしまった今ではお住まいのお荷物のように感じていらっしゃる方はいませんか? -星空を眺めたいけど曇って外がほとんど見えない -天窓から雨漏りするようになって困っている -天窓のある部屋だけ冷暖房の効…続きを読む
バルコニー・ベランダや陸屋根(屋上)のメンテナンスに選ばれる ウレタン防水

バルコニー・ベランダや陸屋根(屋上)のメンテナンスに選ばれる ウレタン防水

 お住まいは屋根材と外壁材で守られている訳ではありません。バルコニー・ベランダや陸屋根と呼ばれる屋上は、防水工事を行い雨水の浸入を防いでいます。 特に近年は狭小住宅が多く、庭の代わりにバルコニーをガーデニング等で活用しているお住まいも多く見られます。しかし防水工事の必要性を知らずメンテナンスを怠ると、室内への漏水トラブルまで引き起こしてしまいます。 このページでは、防水工事の中でも新築・リフォーム両方で人気の…続きを読む
ベランダ・バルコニーの屋根の補修・修理、防水工事もお任せください

ベランダ・バルコニーの屋根の補修・修理、防水工事もお任せください

 ベランダやバルコニーで必要なメンテナンスと言えば、「防水工事」だけてなく「ポリカの屋根」のお手入れです。夏の暑さが気になる方には遮熱の防水工事もありますし、窓ガラスの断熱化でも対処できます。窓ガラスの断熱化で紫外線をカットするものを使えば夏の夜に寄ってくる虫も少なくなります。 目次【非表示表示】 ・ベランダやバルコニーの屋根は強風被害を受けやすい ・ベランダやバルコニーの屋根の…続きを読む
街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん東東京支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      江戸川区鹿骨でFRP防水ベランダをウレタン塗膜防水通気緩衝工法で再防水工事しました

      【施工内容】

      雨漏り修理、防水工事

      江戸川区鹿骨でベランダの下の部屋が雨漏りしているお客様のベランダ防水工事をウレタン塗膜防水通気緩衝工法で行いました

      【施工内容】

      雨漏り修理、防水工事

      世田谷区深沢で物置を撤去して雨漏りする前に屋上防水工事を実施しました

      【施工内容】

      防水工事

      その他の施工事例一覧→

      荒川区と近隣地区の施工事例のご紹介

      足立区南花畑で令和元年東日本台風のご被害により波板屋根が損壊、火災保険を使用しての修繕工事となります

      【施工内容】

      その他の工事

      足立区入谷で令和元年東日本台風で棟板金を飛ばされたお客様の棟板金交換修理と屋根塗装を行いました

      【施工内容】

      棟板金交換、屋根塗装、ガルバリウム鋼板

      墨田区亀沢で瓦棒屋根のカバー工事、嵌合式のアールロックを使用して施工致しました

      【施工内容】

      金属屋根カバー工事

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求

      新型コロナウィルス対策について

      新型コロナウィルス対策について

      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る