無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 墨田区|下地補修後にウレタン防水工事(通気緩衝工法)

墨田区|下地補修後にウレタン防水工事(通気緩衝工法)

【施工前】
ウレタン塗膜防水

【施工後】
通気緩衝工法,ウレタン防水

【お問い合わせのきっかけ】


担当:富田


築26年、防水工事を検討しています。インターネットで調べたところ、防水工事には多くの種類があり、工法もたくさんありましたので…とご相談を頂きました。防水は下地の状態からも補修内容は全く変わります。無駄な工事にならないように、点検をした上でしっかりと補修を行っていきましょう!
築26年、防水工事を検討しています。インターネットで調べたところ、防水工事には多くの種類があり、工法もたくさんありましたので…とご相談を頂きました。防水は下地の状態からも補修内容は全く変わります。無駄な工事にならないように、点検をした上でしっかりと補修を行っていきましょう!


担当:富田


【工事内容】
防水工事
【工事詳細】
お施主様
O様
【工事内容】
防水工事
【工事詳細】
お施主様
O様
防水工事

築26年、墨田区の現場です。ベランダ・バルコニーや陸屋根の場合の屋上は防水層によって雨漏りを防いでいます。防水工事にも数種類、状態によっては工法までも変わりますので、まずは下地の状態をしっかりと把握し適切な防水工事を行っていきます。

 

ウレタン防水 点検

2階バルコニーの防水です。ベランダとバルコニーの違いは屋根の有無です。このように屋根が無い広いスペースをバルコニーと言います。雨漏りをしているという感覚はないようで実際全体的には問題は無いように感じました。

が、一ヶ所防水層がめくれあがっている所があります。防水塗膜と外壁がフラットに仕上がっている場合はこのように継ぎ目の部分が剥がれてしまうトラブルが起きやすくなっています。

下地,補修 下地剥がし

防水層の下地は木材です。内部に雨水が侵入すると木材を腐食させるだけでなく、雨漏りの原因に直結してしまいます。また躯体を傷める要因になりますので、めくれ・剥がれは早急に補修をする必要があります。モルタル外壁の下地にも腐食が廻り、部分的にフカフカしているような状態です。防水層だけでなく外壁の下地を補修した上で、防水工事を起こす必要があります。湿気を多く含んでいますので、ウレタン塗膜防水の通気緩衝工法を用います。通気緩衝工法をすることによって、防水塗膜は雨水の侵入を防ぎますが、湿気による塗膜の膨れを、シートと脱気盤で逃がすような構造になっています。

下地,補修 ボンド

まずは下地の補修です。部分的に剥がしていきます。ドレン周辺ですので、このドレンからの漏水が無かったのか、しっかりとチェックを行います。

ルーフィング ルーフィング

防水工事の前に、補強・水の侵入防止にルーフィングを施工します。この下に雨水が入ってしまうと意味がありませんので、サッシとの取り合いも含め外壁取り合いまで立上げていきます。ルーフィングは重ねながら隙間の無いように施工していきます。

ルーフィング 透湿防水シート

ルーフィングは雨水を通しません。そのため、このままでも防水としては役割を果たしますが、美観と防水機能の向上には防水工事は必要となりますね。外壁には旭トステムの透湿・防水シートを張り付けます。これは従来の外部への防水機能を持ちつつ、内部の湿気を逃がす為のシートです。新築にも多く使われていますが、近年の住宅が高気密・高断熱化で壁内で結露を起こす問題が挙がった為です。

コンパネ コンパネ

続いては防水層の下地作りです。補強にコンパネを貼り付けます。ちなみに外壁はモルタル仕上げにするため下地材にラスカットを使用しています。一般的にはラス網を張りながらモルタルを塗装していくのですが、ラスカットを張り付けるだけでそのままモルタルの塗装が可能になり、工期短縮そしてコストカットに繋がります。壁と床の取り合いは、隙間のできないように交互に施工するように重ねていきます。

プライマー 目地防水

コンパネ下地張り後は塗料の密着力を高めるためにプライマーを塗布、目地にはシーリングで防水処理を行います。

【通気緩衝工法・ウレタン塗膜防水】
通気緩衝シート ドレン

続いて通気緩衝工法の要となるシートを張っていきます。これには無数の穴が開いており、内部の湿気を外部に出す為のものです。このシートを使わないと、塗膜の下に溜まっていた湿気が塗膜ごと膨れさせ、破れの原因になります。通気緩衝工法は通気緩衝シートと脱気盤(筒)がセットになります。シートを張っても湿気を逃がす場所を作らなければ意味が無いからです。

改修時には腐食していると思われるドレンも取り替えます。ドレンの腐食は知らぬ間に漏水をさせていたという事になりかねません。改修時には必ず取替、目地やヒビ等も細かく補修する必要があります。

ウレタン防水 ウレタン塗膜防水

こうしてようやくウレタン塗膜防水に入ります。ウレタン防水・ゴムシート・塩ビシート・アスファルト防水・FRP防水の中でも比較的安価で施工が簡単な為多くの場所で使われています。塗膜ですので継ぎ目のない綺麗な表面に仕上がりますし、細かな場所でも施工が可能になります。経年による劣化で亀裂やヒビが入るようになりますが、重ね塗りも可能な為、定期的な点検を怠らなければ漏水を起こすようなことはないでしょう。耐久性はおよそ12年前後です。

ラスカット 外壁塗装

防水塗膜後には外壁のモルタル補修に入ります。既存の色に合わせて塗装施工をし・、外壁の腐食補修も完了です。

トップコート 防水,トップコート

最後にウレタン防水のトップコートです。トップコートは防水塗膜の劣化を防ぐためのものです。その為数年経過後にヒビを発見しても、それはトップコートの劣化です。トップコートの再施工をすれば全く問題はありません。トップコートの耐久性はおよそ5~10年ですので、2回目のトップコートで表面保護をし、3回目のリフォームではウレタン塗膜防水も行うといったメンテナンスサイクルが理想的かなと思います。

 

 

 

【工事完了後】

防水はまさに住宅への雨水侵入を防いでいます。いつかやろうと言っている間にも防水は徐々に摩耗し、知らぬ間に雨漏りを起こしているかもしれません。耐用年数を見ながら点検・メンテナンスを行っていきましょう! 雨漏り・防水工事・壁の腐食等にお悩みを抱えている方、ぜひ一度街の屋根やさんにご相談ください。工事の種類から施工方法まできっちりとご説明の上、工事をさせて頂きます!

このページに関連するコンテンツをご紹介

バルコニー・ベランダや陸屋根(屋上)のメンテナンスに選ばれる ウレタン防水

バルコニー・ベランダや陸屋根(屋上)のメンテナンスに選ばれる ウレタン防水

 お住まいは屋根材と外壁材で守られている訳ではありません。バルコニー・ベランダや陸屋根と呼ばれる屋上は、防水工事を行い雨水の浸入を防いでいます。 特に近年は狭小住宅が多く、庭の代わりにバルコニーをガーデニング等で活用しているお住まいも多く見られます。しかし防水工事の必要性を知らずメンテナンスを怠ると、室内への漏水トラブルまで引き起こしてしまいます。 このページでは、防水工事の中でも新築・リフォーム両方で人気の…続きを読む
ベランダ・バルコニーの屋根の補修・修理、防水工事もお任せください

ベランダ・バルコニーの屋根の補修・修理、防水工事もお任せください

 ベランダやバルコニーで必要なメンテナンスと言えば、「防水工事」だけてなく「ポリカの屋根」のお手入れです。夏の暑さが気になる方には遮熱の防水工事もありますし、窓ガラスの断熱化でも対処できます。窓ガラスの断熱化で紫外線をカットするものを使えば夏の夜に寄ってくる虫も少なくなります。 目次【非表示表示】 ・ベランダやバルコニーの屋根は強風被害を受けやすい ・ベランダやバルコニーの屋根の…続きを読む
街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん東東京支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      江戸川区鹿骨でFRP防水ベランダをウレタン塗膜防水通気緩衝工法で再防水工事しました

      【施工内容】

      雨漏り修理、防水工事

      江戸川区鹿骨でベランダの下の部屋が雨漏りしているお客様のベランダ防水工事をウレタン塗膜防水通気緩衝工法で行いました

      【施工内容】

      雨漏り修理、防水工事

      世田谷区深沢で物置を撤去して雨漏りする前に屋上防水工事を実施しました

      【施工内容】

      防水工事

      その他の施工事例一覧→

      墨田区と近隣地区の施工事例のご紹介

      足立区南花畑で令和元年東日本台風のご被害により波板屋根が損壊、火災保険を使用しての修繕工事となります

      【施工内容】

      その他の工事

      足立区入谷で令和元年東日本台風で棟板金を飛ばされたお客様の棟板金交換修理と屋根塗装を行いました

      【施工内容】

      棟板金交換、屋根塗装、ガルバリウム鋼板

      江戸川区船堀で雨漏りの発生から天窓を撤去、部分葺き替えと屋根塗装工事を施工致しました

      【施工内容】

      スレート屋根葺き替え工事、屋根塗装、天窓工事

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求

      新型コロナウィルス対策について

      新型コロナウィルス対策について

      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る